【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレのタンクから水漏れ!自分で対処する方法と注意点について

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのタンクから水漏れ!自分で対処する方法と注意点について

2021年03月29日 トイレのトラブル


一日に何度も大量の水をためたり流したりしているトイレのタンクは、少量の水漏れが大きなトラブルにつながってしまう可能性があります。
少量でもタンクからの水漏れに気付いたら、早めに対処しましょう。
そこで今回は、トイレのタンクから水漏れが発生した場合の対処方法と注意点についてご紹介します。

トイレのタンクから水漏れしていたら発生源を再確認して対処する

トイレのタンクから水漏れしていたら、まずは「どの場所から水漏れしているのか?」を再度チェックすることから始めましょう。
水漏れの発生源がわかれば、素早く解決することにつながります。

・タンクの外壁にヒビが入っている場合
まずタンクの外壁にヒビが入っていないかチェックします。
タンクは陶器でできており、完全に割れてしまうと大量の水が溢れる可能性があるので注意が必要です。
外壁に小さなヒビが入っている場合、止水栓を閉めてタンク内の水を空にした後に、ホームセンターに売られている防水パテやコーキングで応急処置をすることが可能です。
ただし、ヒビが大きくて防水パテやコーキングで応急処置すらできない場合は自力で直すのは難しいので、すぐに水道修理業者に相談しましょう。


・レバーハンドルから水が垂れている場合
水を流すときに使用するレバーハンドルの隙間から水が垂れていないかチェックします。
タンク内にあるオーバーフローやボールタップという部品が破損していなければ、レバーハンドル接続部のパッキンが老朽化しているかもしれません。
パッキンを自力で交換する場合、まずはレバーハンドルを取り外す必要があります。
タンク内にあるレバーハンドルのチェーンを取り出した後に、接続部分のナットをモンキーレンチなどの工具を使って外しましょう。
外したレバーハンドルをホームセンターに持って行って、同じサイズのパッキンを探します。
パッキンを交換したらレバーハンドルを装着して、水が垂れないか再度チェックしてみてください。


・タンクの底から水漏れしている場合
タンクの底と便器の隙間から水が溢れていないかチェックします。
タンクの底からの水漏れは、タンクと便器の接続部分の老朽化が原因になっているかもしれません。
接続部分のパッキンはメーカーによってサイズが違うことも多いので、メーカーに問い合わせたほうが良いでしょう。

また、接続部分のパッキンを交換するにはタンクごと取り外す必要があり、なかなかの重労働です。
しかもタンクを取り外すナットが裏にあるため、トイレが狭い場合は取り外しにくいことも多いのです。
タンクを落として割ってしまうと、交換するのに予想外の費用がかかってしまうこともあるので、水漏れトラブルを悪化させないためにも水道修理業者に連絡してみましょう。


・オーバーフローやボールタップが破損している場合
レバーハンドルから水が垂れて、タンクの蓋の隙間から水が溢れている場合、オーバーフローとボールタップに異常がないかチェックしましょう。
オーバーフローは水が溢れないように水位を調整してくれる役割があり、破損すると水位の調整ができず水が溢れてしまうのです。

ボールタップは給水し水位を調整してくれる役割があり、破損すると給水が止まらず水が溢れてしまいます。
オーバーフローとボールタップは、以前と同じ部品を購入して交換しましょう。
もし同じものが見つからない場合は、メーカーに問い合わせるか水道修理業者に相談が必要です。


・便器から水が溢れている場合やタンクレストイレの場合
便器から水が溢れて、タンクレストイレで水漏れの発生源がわからない場合、トイレの排水管がつまっている可能性があります。
便器の水が溢れている場合は、便器内の水をくみ取り水位を低くしてから作業しましょう。
便器内の水をくみ取ったら、以下の3つの方法を試してみてください。

1.ラバーカップを何度か試してみる
2.バケツで勢いよく水を流してみる
3.ワイヤーブラシを使ってみる

それでも改善しない場合は、つまりが取れていないか、タンク内にトラブルが発生している可能性があります。


トイレタンクからの水漏れトラブルを自力で修理する場合の注意点

トイレのタンクからの水漏れトラブルを自力で修理する場合、先に止水栓を閉めておきましょう。
タンク内の作業がしやすくなりますし、これ以上水が溢れないように予防できます。
止水栓を止めた状態でレバーハンドルを捻れば、水がすべて流れてタンクの中を空の状態にできます。


トイレタンクからの水漏れトラブルが改善しない場合は水道修理業者に相談

トイレのタンクから水漏れした場合、水漏れしている場所によってはパッキンなどの部品を交換するだけで改善することもあります。
しかしトイレの構造は複雑で、何も知識がないまま修理しようとすると元に戻せず、さらに水漏れトラブルを悪化させてしまうかもしれません。

また、購入する部品のサイズなどを間違えてしまうと費用も無駄になってしまいます。
そうならないためにも、自力で直すのは難しいと思ったら無理をせず、まずはプロの水道修理業者に連絡して相談してみましょう。

トイレのタンクから水漏れしたらしずおか水道職人へお電話ください。
しずおか水道職人は静岡市、浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市など静岡県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にしずおか水道職人にお問い合わせください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315