【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 家庭内での新型コロナ感染を防止するにはトイレが要

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

家庭内での新型コロナ感染を防止するにはトイレが要

2021年03月04日 新型コロナウイルス
しずおか水道職人2

家庭内感染を予防するために

新型コロナウイルス(COVID-19)は家にずっといれば感染しないと考えられがちですが、実は頻繁に家庭内感染が発生しています。新型コロナの感染力はインフルエンザよりも弱いので、しっかりと対策をすればそれほど怖がる必要はありません。家庭内でも密は避けるのが基本ですから、たとえば6人家族であれば3人ずつ部屋を分けて食事をするなど工夫してください。

また密になるときは換気扇で換気をする対策が役立ちます。家庭内では気持ちが緩みがちなので、外では感染を予防できていても、家で感染するケースは珍しくないのです。

トイレはしっかりと拭いておきましょう

トイレの床や壁は目には見えなくても、実は思いのほか汚れています。ウイルスは床や壁に付着しやすい性質があるので、しっかりと拭き掃除をしておいてください。床と壁を掃除したら今後は便器を拭きます。拭き掃除の最中は窓を開けたほうがいいと思うかもしれませんが、風を巻き込んでしまうことでウイルスを飛散させるリスクがあるので、完全に掃除が終わってから開けるようにしてください。

拭き掃除は週に1回、多くても2回のペースで行っておけば問題ありません。換気に関してはなるべく頻繁に行いたいので、できれば30分間隔で窓を開けましょう。ウイルスを減らすことで感染率を低下させられます。窓の開閉と換気扇の使用を同時に行えば、さらに強力な換気ができます。

消毒作業も徹底しておきましょう

人の手の触れるところにはウイルスが存在すると考えるべきです。ウイルスがあると考えたほうが、対策をするうえでの動機になるでしょう。新型コロナには表面活性剤が役立ちますが、効果があまり期待できないものがあります。確実性が高いものはアルコール、次亜塩素酸ナトリウム液などです。アルコール消毒はもっともポピュラーな消毒方法で、人の触れるところを拭くだけです。拭くときに注意したいのは、汚れと水分を事前に除去しておくことで、そうしないと成分が薄まって本来の消毒効果を発揮できない可能性があります。

トイレは手の触れるポイントが多く、便座の蓋や洗浄レバー、温水洗浄便座のスイッチなどは必ず触れるでしょう。トイレ以外では浴室のドアレバーなども消毒しておきたいです。

便器に触れたことが原因で感染するケースも

便器と身体の粘膜が直接接触する機会はほとんどないでしょうが、便器とおしりは接触するでしょう。そしておしりを爪でかいて、その手で目をこすったりするとウイルスが移動してしまう可能性があります。実際に家庭内ではトイレ感染が多いので、他人事だと無視はできません。便座の蓋にもさまざまな汚れが飛散しているケースがあり、菌やウイルスも含まれています。特に下痢の排泄物は飛び散りやすいので要注意です。

これらには知らないうちに触れている場合があるので、トイレから出たら必ず手洗いをしましょう。水道水で手洗いするだけでもウイルスは減少しますが、石けんを使えばさらに大幅に減らせます。石けんは十分に泡立てて、指や爪の間も洗うように意識してください。温かい程度の湯温に設定したほうが、効果的に汚れを落とせます。洗い物をするとき、冷水より温水のほうが汚れが落ちやすいのと同じ理由です。

トイレの詰まりを解消するときの注意点

トイレにスマホや携帯などを落としたときは、ゴム手袋を使用して取り出しましょう。便器の陶器にウイルスが付着している可能性があるので、きれいに見えていてもそのまま触れてはいけません。

スッポンで詰まりを取り除く場合は、汚水が飛ばないように十分に注意しましょう。新聞紙で床や壁の養生をして、便器も覆うようにしてください。スッポンは慣れない方が使用すると、高確率で汚水を飛び散らせてしまうのです。汚水を介して新型コロナに感染する確率は少なからずあるので注意しましょう。

家庭内でマスクは着用するべき?

外出時のマスク着用は今や常識となりましたが、家庭内で着用している人は多くはありません。ただマスクを着用したほうが、新型コロナ感染のリスクを下げられるのは間違いないです。高齢者ほど重症化しやすい傾向があるので、自宅に高齢者がいる家庭ではマスクを着用したほうが安心でしょう。

感染率には免疫力が大きく関係しており、免疫が低下している人ほど危険です。この点は風邪やインフルエンザと共通しています。家族のなかでも風邪をひきやすい人は、特に徹底した対策が必要でしょう。会話する状態では飛沫が飛びやすいので、こうした状況でこそマスクを着用したいです。あとは部屋の掃除をする際も、ウイルスが飛散しやすくなるのでマスクを着用したほうが安心できます。

しずおか水道職人は浜松市、静岡市、富士市、沼津市といった静岡県全域で水回りの困りごとを解決しています。地域密着の活動、豊富な施工実績、技術力の高さには定評があります。全社員、健康確認、手洗いうがい消毒、マスク・手袋の着用など感染症対策や衛生面での対策を徹底しながら施工をしますので、安心してしずおか水道職人にお任せください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315