【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » シャワーが故障したときの原因は?シャワーとカランの修理費用や注意点を解説

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーが故障したときの原因は?シャワーとカランの修理費用や注意点を解説

2022年12月26日 シャワー


シャワーの不具合や、シャワーとカランの切り替えができなくなり不便を感じている方もいることでしょう。

経年劣化や部品の破損により交換が必要かもしれません。そこで今回は症状別のシャワーの故障原因、シャワーとカランの切り替えバルブの交換方法、シャワーとカランの修理に必要となる費用相場、修理する際の注意点について詳しく解説します。

状況別の対処法を理解して適切に対応できるようにしましょう。

症状別のシャワーの故障原因


ここでは症状別にシャワーの故障原因について解説します。

水が止まらない
シャワーの水が止まらないといっても、故障でない場合と故障の場合があるためそれを見極めることがまず必要です。

シャワーの使用が終わった直後数秒間水漏れのような症状がある場合、それはシャワーヘッド内の残留水が漏れてきているだけであってシャワーの構造上仕方ない現象です。数秒経って水漏れが止まるなら心配する必要は全くありません。

一方でシャワーヘッドを上に向けても水が垂れ続けている場合や、長時間残留水が漏れ続けている場合、それはシャワー内部の部品の劣化や故障していることが考えられます。

具体的には2ハンドルタイプのシャワーではコマパッキンや切換弁の劣化、温度調節が可能なサーモスタット混合水栓ではサーモスタットハンドル内の部品の劣化が疑われます。

それぞれ対応する部品を新品に交換することで症状を解消できるでしょう。

接続部分から水漏れがある
シャワーのホースとヘッドの接続部分から水漏れがあるというトラブルもよくあります。この場合、OリングやUパッキンと呼ばれる部品が劣化している可能性が高いでしょう。

これらの部品は長年使用し続けていると経年劣化により、ひび割れが起こったり弾力がなくなったり触れると手が黒くなったりします。いずれかの状況があれば劣化しているため、部品を交換した方がよいでしょう。

シャワーヘッド本体からの水漏れ
シャワーヘッドの本体から水漏れをしている場合、何らかの強い衝撃によりシャワーヘッドが破損してしまった可能性があります。シャワーを落してしまったり、壁にぶつけてしまったりした心当たりがある場合それが原因でしょう。

また、近年のシャワーには水を止める止水ボタンがついているものがあります。止水ボタンが機能しなかったり、ボタンから水漏れがあったりする場合にはシャワー本体が故障しています。新品へ交換しましょう。

シャワーとカランの切替バルブの交換方法


シャワーの故障には、シャワーとカラン(シャワーの下にある蛇口)の切り替えを行うバルブが故障する場合もあります。切り替えバルブは長年使用していると経年劣化により正常に機能しなくなります。

シャワーとカランの切り替えバルブの交換作業は、作業内容を確認し必要なものを準備しておけばDIYで交換することが可能です。ここではシャワーとカランの切り替えを行うバルブの交換方法について解説します。

準備物
作業に必要なものは、モンキーレンチとドライバーです。また、バルブやスピンドルなど交換するものに関しては、自宅の水栓やシャワーに設置できるサイズや型番をあらかじめ確認してから購入するようにしましょう。

サイズや型番が対応していないと、設置できなかったり、設置できたとしても故障や水漏れが発生したりします。取扱説明書に記載されていますので必ず購入前に確認しておきましょう。

交換方法
シャワーとカランの切り替えバルブはメーカーやホームセンターで購入することができます。対応するものを購入しておいてください。

作業を開始する前に、まずはシャワーの止水栓を閉めておきましょう。作業中に水が溢れてくる可能性があるため、水道関係の作業においては止水栓を閉めておくことが基本となります。

はじめにハンドルのキャップを取り外して、ドライバーを用いてネジを緩めハンドルを取り外しましょう。水洗の本体とシャワーはナットによって接続されています。モンキーレンチを使用すると簡単にナットを緩めることができ、切り替えバルブ本体も取り外せるようになります。

新品の切り替えバルブを取り付けて、先ほどとは逆の順番でもとの状態に戻しましょう。ハンドルや切り替えバルブがしっかりと固定されたかを確認しましょう。止水栓を開けて水を少し流して問題なく切り替えができれば、交換作業は完了です。

シャワーとカランの修理に掛かる費用


ではシャワーとカランの修理をする場合どのくらいの費用が必要となるのでしょうか。ここではシャワーとカランの切り替えバルブ交換の費用相場について解説します。

自力修理・交換を行う場合
もしも交換作業を自分でDIYする場合には、新しい部品代が必要になります。具体的な部品代は部品のメーカーや種類や型番によって異なりますが、1万円~が一般的です。

DIYをする場合には自分で修理や交換作業をするため業者依頼に比べて大幅に費用を抑えられることが大きなメリットです。そのためあらかじめ交換する部品の種類をしっかりと確認しておきましょう。

しかし、慣れない作業のため必ずしも成功するとは限りません。作業中に何かトラブルが発生したり、作業終了後に使用を再開するとなぜか水漏れが起こったりすることもあるかもしれません。

自分で作業をする自信がない方や、作業途中でわからなくなってしまった場合には無理に作業を継続することはやめましょう。自己流で作業をして他の部品を破損させてしまい結局高くついてしまう恐れがあります。DIYはいったん諦め、早めに専門業者に依頼しましょう。

業者に依頼する場合
専門業者に作業を依頼する場合には部品代に加えて、部品交換代、水栓器具交換代、出張費などが追加で請求されます。部品交換代は4,000円~、水栓器具交換代は5,000円~となっており、出張費はそれぞれ距離に応じて変化します。

また、業者によっては休日料金や手数料として別途請求されることがあります。

業者依頼では失敗するという心配は大幅に低くなりますが、どうしても料金が高くなってしまうというデメリットがあります。自分の予算を大きくオーバーしてしまわないように依頼前には見積もりを依頼して別途で追加請求されることはないのかどうかを確認するようにしましょう。

修理をする際の注意点


自分で修理をする場合には特に気を付けておきたいことがあります。先述しましたが、交換する部品を購入する際には、部品の型番やサイズを確認するようにしましょう。

型番やサイズが良くわからない場合や自信がない場合には部品を直接ホームセンターに持っていき同じものを探すようにすると安心ではないでしょうか。

また、作業中にはパッキンや小さなネジのように重要な部品を扱います。それらを紛失すれば、組み立てられなかったり後から水漏れが起こったりします。誤って流したり失くしたりしないように細心の注意を払いながら作業をしましょう。

はじめに必要な部品がそれぞれいくつあるかを確認しておくことをおすすめします。

部品を交換する際には、固まってしまっていてなかなか取り外せないときネジが回らないという可能性もあります。そのような場合には力任せにせず、自分では厳しいと感じれば速やかに業者に依頼することをおすすめします。

まとめ


今回は症状別のシャワーの故障原因、シャワーとカランの切り替えバルブの交換方法、シャワーとカランの修理や交換の費用相場、修理・交換をする際の注意点について解説してきました。

シャワーを長年使用していると経年劣化し、大きな負荷がかかると破損することがあります。シャワーの故障やシャワーとカランの切り替えができない場合には、破損している部品を交換することがおすすめでした。

交換する場合には今回紹介して点に気を付けながら作業を実施してみてください。そして、もしも自分では厳しいと感じれば、速やかに業者に依頼するようにしましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315