静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 【場所別】排水管つまりの原因と対処法

静岡 地元密着、おかげ様で19年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

【場所別】排水管つまりの原因と対処法

2019年09月27日 つまりのトラブル
2
家庭の排水管をつまらせる原因は、ひとつとは限りません。同じ水回りでも、場所が違えばトラブルの原因も変わってきます。対処法も、一律ではありません。さまざまな種類から適切な方法を選ぶと、つまりを解消に高い効果を発揮します。そこで今回は、よく排水管つまりに見舞われるトイレ、お風呂、キッチン、洗面所について、その代表的な原因と対処法をご紹介します。


トイレ

トイレの排水管をつまらせる主な原因は、トイレットペーパーと固形物です。トラブルが起きた際は、最初にお湯や洗剤を投入して様子を見ましょう。

・トイレットペーパーの量には要注意
トイレットペーパーは水溶性ですが、すぐには水に溶けません。一度にたくさん流すと大きな塊のまま排水管につまる恐れがあるので、要注意です。十分に細かく分解されるまで時間がかかり、その間は水の流れが悪くなります。

・小さくてもトイレにつまる固形物
固形物の多くは、トイレットペーパーと異なり水に溶けません。ボールペンや子どものおもちゃといった小物類でも、流れる向きが悪ければ排水管内につまります。そこにトイレットペーパーが引っかかれば、水の通路は狭まり流れが妨げられます。

・対処方法は、お湯、洗剤、ラバーカップの順番
トイレつまりの原因が大量のトイレットペーパーの場合、ぬるま湯を注ぎ込むだけで溶けやすくなります。その後に重曹を追加すれば、さらに効果的です。なかなか症状が改善しないときや固形物を流してしまった場合は、ラバーカップも使ってみましょう。


お風呂

お風呂の排水管をつまらせる主な原因は髪の毛です。石鹸カスもそのひとつ。排水管に蓄積した異物を取り除くと、つまり解消につながります。

・とくに髪の毛はつまりやすい
お風呂場で毎日のようにシャンプーしていれば、何本もの髪の毛が排水口に流されていきます。多くの場合、排水管のどこかで絡まりスムーズに運ばれません。排水口や排水トラップに大量の髪がたまっていくと、水は流れにくくなります。

・石鹸カスも注意が必要
石鹸カスは、排水管の内側や排水口に絡まった髪の毛に付着するので注意が必要です。石鹸カスにはぬめりがあるため、さらに髪の毛、洗い流した皮脂、さまざまなゴミが付着します。汚れが大きくなれば排水管をふさぎ、つまり症状を引き起こします。

・対処方法は排水管内の清掃
お風呂場の排水管がつまった場合、清掃による汚れの除去が効果的です。排水口や排水トラップを順々に取り外し、できるだけ髪の毛やゴミを洗い落としましょう。手の届かないところは、ワイヤーブラシを挿入して汚れを除去するか洗浄用の薬剤を流し入れるといった方法もあります。


キッチン

キッチンの排水管をつまらせる代表的な原因は、油汚れと食材カスです。症状が軽いうちなら、お湯だけでもつまり解消を見込めます。

・油や食材カスを流すのは好ましくない
調理中や食後、こまめに油、食材カス、食べ残しを回収するのは面倒に感じるかもしれません。それでも、安易に流すと排水管つまりを招きやすくなります。油は、排水管の内側に付着するケースが少なくありません。時間とともに固まり新たに流れてきた油が積み重なるため、やがて排水管をふさいでしまいます。

食材カスや食べ残しは、細かくても油に付着します。大きければ、そのまま排水管内にとどまることも珍しくありません。いずれにしても、油と混ざりながら排水管をふさぐと排水管つまりの原因になります。

・つまりトラブルにはお湯や専用アイテムで対処
キッチンの排水管がつまってしまったら、まずはお湯で対処しましょう。油汚れは、40~60度のぬるま湯でふやかすと分解しやすくなります。食材カスは溶かせませんが、あまり奥まで運ばれていなければワイヤーブラシやラバーカップを使って取り除けることがあります。


洗面所

洗面所の排水管をつまらせる主な原因は、お風呂場と同じく髪の毛や石鹸カスです。こちらも、軽度のつまりを解消するには薬剤やワイヤーブラシが適しています。

・洗面台に落ちる髪の毛は少なくない
髪の毛や石鹸カスが排水管をつまらせるのは、お風呂場だけではありません。洗面所では朝の洗面時に髪型をセットし、夜の入浴後に髪を乾かします。洗面所では1日に何度となく顔や手も洗うので、多くの髪の毛や石鹸カスがつまりの原因になるのです。

・とくに排水トラップはつまりやすい
洗面所で、とくにトラブルが発生する場所は排水トラップです。常に一定量の水がたまるようにS字やP字に曲げられ、外から異臭や虫が流れ込むのを防いでいます。そこでは水の勢いも弱まるので、異物もたまりやすくなっています。

・薬剤やワイヤーブラシで問題解決
髪の毛や石鹸カスは、専用の薬剤である程度まで分解可能です。ワイヤーブラシが排水トラップまで届けば、ほかの異物も除去できるでしょう。ただし洗面所の排水口はお風呂場やキッチンほど広くないので、無理は避けてください。


まとめ

排水管をつまらせる原因は、ひとつの家屋でも場所によって異なります。いろいろな種類の対処法があり、症状に合わせて道具や手段を選べば高い効果を期待できます。それでもトラブルが深刻化していると、解決は困難です。長い時間をかけて作業しても水の流れが改善せず自分の手に負えないと判断したら、専門業者に修理を依頼してください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315