静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 排水口をきれいにして浴槽のつまりを防止しよう

静岡 地元密着、おかげ様で19年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

排水口をきれいにして浴槽のつまりを防止しよう

2019年11月07日 つまりのトラブル
5
お風呂場は、いつも清潔に保ちたいもの。とはいえ排水口には汚れがたまりやすく、メンテナンスを怠ると次第につまっていきます。問題が起きたときには何らかの対処が必要ですが、常にきれいにしているとトラブル防止につながります。そこで今回は、主なつまりの原因やつまり解消の便利グッズとともに普段から続けたい掃除方法をご紹介します。

弊社は、浴槽つまりの解決実績が豊富な地元密着業者です。磐田市や焼津市など静岡県全域をカバーしています。水回りのトラブルでお困りの際はお気軽にご一報ください。


浴槽排水口をつまらせるもの

浴槽の排水口をつまらせる主要原因は、髪の毛、皮脂や垢、洗剤カス、固形物です。

・原因の多くは髪の毛
浴槽で、とくに多く見られるのは髪の毛による排水口つまりです。髪の毛は、年齢・性別を問わず1日に50~100本ほど抜けるといわれています。シャンプーしたとき、シャワーで洗い流されるケースが少なくありません。たくさんの髪の毛が排水口に流れ込むと、浴槽のつまりトラブルを引き起こします。

・蓄積するとトラブルを招く皮脂・垢
お風呂に入ったとき、多少なりとも身体から出てくるのが皮脂や垢です。1回入浴したくらいでは、つまりの原因にはなりません。毎日のように髪や身体を洗っていると少しずつ排水管の内側にたまり、一定量を超えたら排水口をつまらせます。家族が多いと蓄積するペースもはやまるので、注意してください。

・洗剤カスも徐々に蓄積
シャンプーやボディーソープは、お湯と混ざって流れていくので気にならないかもしれません。実際には、お湯に溶け切らなかった各種の洗剤カスが皮脂や垢と同じく徐々に排水管のなかに蓄積します。髪の毛や皮脂汚れに付着しながら大きな塊となって水の流路を狭めれば、浴槽からの排水を妨げます。

・小さくてもつまる固形物
固形物のうち、排水口に流しやすいのはシャンプーボトルのキャップや入浴剤の袋の切れ端です。それだけなら大して問題になりませんが、髪の毛、皮脂や垢、洗剤カスが絡まると大きく成長します。放置すると排水口をふさいでしまうので、浴槽に落としたらはやめに拾い出しましょう。


つまり解消に便利な道具

つまり解消に便利な道具は、液体パイプクリーナー、重曹、クエン酸、ラバーカップなどです。原因に応じて使い分けると、効果が高まります。

・液体パイプクリーナー
液体パイプクリーナーは、とりわけ髪の毛を取り除くのに有効です。薬剤に含まれる水酸化ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウムの働きにより、髪の毛を形成するタンパク質が分解されます。いきなり薬剤を流し込むより、事前にヘアキャッチャーに巻きついた髪の毛を取り除いておいたほうが効果的でしょう。

・重曹
弱酸性の皮脂や垢に対しては、重曹が高い洗浄効果を発揮します。重曹のアルカリ性成分が弱酸性の汚れに作用し、きれいに洗い落としてくれるためです。事前に用意するのは、重曹1カップ。排水口に重曹を入れてから同量の酢を投入し、5分ほど放置したら水で流してください。

・クエン酸
クエン酸は、アルカリ性由来の汚れに使いましょう。代表例は、石鹸やシャンプーの洗剤カスです。こちらは重曹と逆に、酸性成分がアルカリ性成分に働きかけ分解します。一定量を排水口にかけ、少し待ってから洗い流してください。同時に酢を使うと、悪臭対策にもなります。

・ラバーカップ
ラバーカップは、固形物を取り出す対処法のひとつです。カップ半分ほどが浸るくらい浴槽に水をためてから、カップで排水口をすき間なく覆います。静かに押し込んだら、一気に引き上げましょう。押すときに力を込めると固形物をさらに奥へ追いやる恐れがあるので、気をつけてください。

排水口の掃除でつまりを防止
浴槽の排水管は、洗い場の排水口につながっています。つまりを防止するには、日頃から浴槽だけでなく洗い場の排水口もきれいに掃除しておくことが大切です。

・洗い場の排水口
洗い場の排水口には、外からの悪臭を遮るための排水トラップが設けられています。排水管は屈折した形状につくられ、常に一定量の水がたまる構造になっています。まっすぐ下水管につながらず、髪の毛や各種の汚れが蓄積しやすい特徴をもっています。

排水トラップでつまりトラブルが起きると、浴槽の排水口からもスムーズに水を流せません。何も処置せず排水を続ければ、浴槽から伸びる排水管もたくさんの髪の毛や皮脂汚れでふさがっていきます。浴室全体で水をつまらせないためには、洗い場の排水口・排水トラップの清掃が欠かせません。

・排水口・排水トラップの清掃方法
洗い場の排水口・排水トラップを構成するパーツは、排水口カバー、ヘアキャッチャー、封水筒、排水ピースです。これらは、スライドあるいは回転させれば簡単に分解できます。各部品を順々に外し、スポンジや歯ブラシを使って掃除してください。作業の際は、ゴム手袋を装着しておくと手が汚れず衛生的です。

水垢にはスポンジ、細かい部分には歯ブラシ、絡まった髪の毛の除去にはピンセットを使うとよいでしょう。封水筒や排水ピースを外したとき髪の毛がまとまって出てきたらビニール袋に回収してください。排水管まで清掃した後、きれいになったパーツを元に戻したら清掃完了です。


まとめ

浴槽や洗い場の排水口には、よく髪の毛や洗剤カスがつまります。小さな固形物も、落としたまま放置すると汚れが付着していきます。つまり症状が見られたら、トラブルの原因に合わせて対処してください。できれば普段から定期的なメンテナンスを心がけ、清潔なお風呂場を維持することが望まれます。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315