【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » お風呂で根を張った頑固な黒カビは適切な方法で取り除こう

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂で根を張った頑固な黒カビは適切な方法で取り除こう

2021年02月07日 お風呂のトラブル
1

私たちの身近な場所で繁殖し、人材に悪影響を与える「黒カビ」。お風呂場をはじめ、エアコン内部や窓際サッシなど、住宅のいたるところで繁殖します。黒カビは素材に根を張る性質を持ち、一度繁殖すると、完全除去が難しくなるのです。

そこで今回は、黒カビが発生する原因や特徴、知っておきたいカビ菌の弱点と対処方法をご紹介します。専門業者による浴室クリーニングを検討する前に、まずは自分できることから取り組んでみましょう。

お風呂の黒カビはなぜ発生する?

一度根を張ると厄介なカビですが、そもそもカビの発生要因をご存じですか?お風呂のカビは「赤カビ」と「黒カビ」に大別され、それぞれ特徴や性質が異なります。

■赤カビ:ピンク色で表面にヌメリがみられる。早期であれば容易に対処できる
■黒カビ:黒色で高温多湿の場所を好む。素材自体に根を張るため、完全除去が困難

赤カビは、「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌の働きにより発生します。壁・床に付着したシャンプーや石鹸カスなどを栄養源とし、急激な速度で繁殖しますが、黒カビとは違って根を張りません。比較的容易に対処できますが、放置は厳禁。なぜなら、赤カビは黒カビのエサとなるためです。

黒カビは「クラドスポリウム」という高湿性真菌を原因とし、お風呂の壁・床・パッキンなどに繁殖します。プラスチックや木材、ゴム素材などに根を張るため、表面部分を取り除いても再び繁殖。適切な方法で処置しなければ、完全除去は困難です。

また、黒カビの放つ胞子が体内に入ると、喘息やアレルギー性の病気を発症する可能性があります。赤カビとは異なり人体に影響を及ぼすため、徹底的かつ早急な対処が欠かせません。


黒カビの撃退方法

黒カビの厄介な点は、一度根を張るとなかなか取れないこと。効率よく撃退するには、黒カビの性質と弱点を理解することが大切です。

カビが高温多湿の場所を好むのは有名な話。具体的には、皮脂や水垢などのエサがあり、室温が約20~30度で、湿度65%以上の場所を好みます。つまりお風呂は、カビにとってもっとも望ましい生育環境であり、温床になりやすい場所といえます。

一方で、カビは乾燥や50度以上の熱、乳酸や塩素剤を用いた「カビ取り剤」などの薬液に弱い性質があります。先述したカビの“大好物”は、どれか1つでも欠けると繁殖速度が落ちるため、そこを突きます。

黒カビの場合、市販のカビ取り剤を当該箇所に吹きかけ、しばらく放置してください。表面をゴシゴシと擦るのではなく、薬液を浸透させて根を破壊することが重要です。ある程度放置したら、マイクロファイバークロスやスポンジで表面を拭き取り、50度以上のお湯で洗い流します。

一度に完全除去は難しいため、黒カビはみつけ次第、小まめに掃除することをおすすめします。日頃のお手入れが大切なのです。


日頃のお手入れで黒カビを予防しよう

一度発生するとなかなか落ちない黒カビ。お風呂の黒カビは、定期的なお手入れで予防することが大切です。以下、黒カビの予防方法を3つにわけてご紹介します。

・50度以上のお湯でケアする
黒カビの弱点は、高熱です。毎日のお風呂掃除において、週に一回程度、50度以上のお湯で掃除してください。その際、カビ取り剤は使わなくても構いません。壁・床・天井・ゴムパッキンをお湯でケアし、黒カビの発生を防ぎましょう。


・泡や石鹸カスを壁や床に残さない
黒カビのエサは、人間の皮脂や水垢、そして赤カビです。赤カビの栄養源である泡や石鹸カスが残らないよう、お風呂場をシャワーで流してから出る習慣を付けましょう。


・小まめな換気と乾燥を意識
窓を開けて換気したり、浴室乾燥機で湿度を下げたりするのが有効です。カビは湿気を好むため、お風呂場の湿度が下がると繁殖速度も落ちます。


黒カビを取り除けない場合は浴室クリーニングを依頼するのもおすすめ

黒カビの掃除は、想像以上に大変です。適切な手順でケアしなければ、いずれまた黒カビは繁殖します。もし個人での掃除が難しい場合、専門業者に浴室クリーニングを依頼するのも手です。

浴室クリーニングとは、業務用洗剤を使ってカビやヌメリ、水垢などを除去する専門サービスの一種。浴槽やエプロン内部、床・壁・天井・ゴムパッキン、排水溝や蛇口など、お風呂場を隅々までケアします。

黒カビ除去・対策は、ハウスクリーニング業者の得意分野。腕利きの業者に依頼すれば、しばらくはカビに悩まされません。なお、黒カビによって各種部品が劣化・破損していた場合は、水道修理業者に交換を依頼してください。とりわけドアのゴムパッキンは劣化しやすく、定期的な交換が必要です。


まとめ

黒カビは、お風呂にあるさまざまな箇所・部品を劣化されます。ゴムパッキンをはじめ、シャワーホースなどの劣化・破損も考えられます。
もしお風呂場のトラブルに悩まされたら、静岡県内全域に対応する弊社にご相談ください。静岡市や浜松市、富士市、沼津市、磐田市をはじめ、県内どこにでもお伺いします。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315