【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 水漏れで床がびしょ濡れ!正しい対処法とは?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れで床がびしょ濡れ!正しい対処法とは?

2021年08月02日 水漏れトラブル


水回りのトラブルで最も厄介なのは水漏れで間違いないでしょう。
水漏れが起きた場合、水道料金の高騰や水漏れの原因の究明など懸念すべき点はいくつもありますが、濡れてしまった天井や床材のケアがなおざりになっていませんか?

きちんと後処理をしないと木材の腐敗や剥がれ、そこからカビやダニやシロアリを発生させるなどさまざまな二次被害を招きます。
では実際に水漏れが起きてしまったら、どのような対処が必要なのでしょうか。

もし水漏れを発見したら

まずは止水栓を閉めて被害の拡大を食い止めましょう。
それでも水漏れが止まらない場合は、屋外にある元栓を閉めて家全体の給水をストップしてください。
水の流出を防いだら、水漏れの原因と場所を特定します。

多くの場合は蛇口周りかシンク下の配管のどちらかが原因です。
蛇口の水漏れの場合は、殆どの場合、部品の交換やナットの締め直しで解決します。
配管の水漏れは多くの場合、パッキンの劣化やナットの緩みが原因です。

また、排水管内に詰まりが生じているため、排水が逆流している可能性もあるので、その場合は専用の薬剤やラバーカップを用いて詰まりを解消してみてください。

それでも改善しない場合は配管の劣化や損傷が原因と考えられるので、無理にご自身で対処しようとせず、水道修理業者に連絡をしましょう。
また、脱衣所で水漏れしている場合、原因が配管でなく洗濯機の故障にある可能性もあります。
配管に異常がなければ洗濯機の下をチェックしてください。


水漏れしている床の後処理

①フローリングの場合
水を吸収しやすく傷みやすい木材は、早急かつ丁寧な処置が求められます。
まずは乾いた布で水気をしっかりと拭き取ります。
水量が多くビショビショになっている場合は、モップなどで一度水気を払ってから拭いてください。
その後に、チラシや新聞紙で水を吸収させます。

さらにその後ドライヤーでしっかりと乾かすのを忘れないようにしましょう。
表面が乾いていても、木材が中に水を吸収させている可能性があるためこの作業を怠るとカビが発生します。
そして最後にエタノールでしっかりと殺菌を行ってください。

排水の中には目に見えない雑菌が大量に含まれており、放置するとカビや害虫の発生を招きます。
ただ、アルコールを大量に吹きかけると床材によっては変色する危険性があるため、慎重に行ってください。

②クッションフロアの場合
脱衣所やトイレの床に使用されるクッションフロアは、撥水性に優れた素材ですが、水漏れの被害を受けやすい場所のため劣化も早いです。
大量の水を含むと下の床材から剥離したわみが生じ、ぶよぶよとした感触になることがあります。
その場合はクッションフロアの張替えが必要です。

もしクッションフロアの下の床材が水を含んだことにより腐食していたら、全て交換が必要になるためかなり大規模な工事になる危険性があります。

③コンクリート床の場合
工場や学校でよく見られるコンクリート床ですが、絨毯を直接貼り付けて、モダンな雰囲気を出すために露出させる用途で稀にご家庭でも使用される床材です。
ひび割れから水漏れすることがあります。
その場合はセメントやモルタルなどの補修材で、ひび割れ部分を埋めてください。


天井からの水漏れ

天井からの水漏れの原因は、経年劣化による水道管の劣化や破損や、屋根が傷んだため、雨漏りしているケースが多いです。
また、マンションなどの集合住宅の場合は、他世帯からの水漏れである可能性が濃厚です。

どちらの場合もまずは止水栓を閉め、水漏れ箇所の下にバケツや鍋などを置いて床材への被害を食い止めましょう。
補修用のテープがあるので、水道修理業者が来るまでにそちらで水漏れ箇所を保護し、応急処置を行うことをおすすめします。


修理の費用はどうする?

まずは火災保険を確認しましょう。
火災保険では、台風や豪雨などの「水災」と認定されたとき、水道の配管の破損などで被害を受けたとき、もしくは他世帯の不注意で水漏れ被害に遭ったときなどは補償されます。

しかし、蛇口を誤って開けっぱなしのまま外出してしまった等のご自身の不注意で水漏れを起こしてしまった場合は、もちろん責任はご自身にあるため補償の対象外です。

賃貸住宅の場合は多くの場合、保険料を家賃に上乗せする形で火災保険に加入していると思います。
補償の範囲は契約した火災保険の内容次第ですので、内容が不明であれば大家や管理会社に確認しましょう。
火災保険が保証するのはあくまで「水漏れによって起きた被害」ですので、破損した水道管や蛇口の修理は個人の負担となります。

また、経年劣化による被害は補償の対象外となることも多いので、しっかりと約款を確認し、ご自身に必要な補償内容であるかを事故が起きる前に確認し見直しをすることをおすすめします。


水漏れの被害はしずおか水道職人までお電話ください

ご自身で対処できない水漏れ被害の時は、プロに頼ってみませんか?
しずおか水道職人は浜松市、静岡市、熱海市、富士市、沼津市、賀茂郡、駿東郡長泉町など静岡県全般で水回りのトラブルを解決しており、水道局指定の安心の修理業者です。

水漏れだけでなく、詰まりや臭いのトラブルなど、水回りでお悩みの方は、ぜひ気軽にしずおか水道職人までお問い合わせください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315