【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 排水管がつまる原因はその構造にある?つまった際の対処法

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

排水管がつまる原因はその構造にある?つまった際の対処法

2021年12月25日 つまりのトラブル

排水管がつまったときは、迅速な対処が必要です。放っておくと悪化し、業者でなければ解決できないほどの事態になりかねません。

そうならないためにも、排水管がつまってしまった場合の対処法について知っておきましょう。本記事では排水管つまりの原因と対処法について、詳しく解説します。

排水管がつまってしまった際に考えられる原因


そもそもなぜ排水管はつまってしまうのでしょうか。つまりを起きてしまう原因はいくつかあります。ここでは排水管つまりの原因について解説していきます。

■アクセサリー類などの固形物によるつまり
キッチンや洗面台で誤って固形物を落としてしまい、そのまま排水口に流れてしまうケースがあります。たとえばアクセサリーなどが挙げられます。

取り出すのが困難なうえ、深刻なケースではホースにつまり水の流れが悪くなるなどの原因に。アクセサリーは貴重品ですので、洗い物などの際には必ず外しておきましょう。

■髪の毛やヒゲ
お風呂や洗面台で顔や体を洗っているときに、抜け落ちた髪の毛やヒゲが排水口に流れることがあります。髪の毛を洗う時にはシャンプーや石鹸などを使用するかと思いますが、その石鹸カスが排水口内に溜まりヌルヌルの原因になることも。

毛とヌルヌルが絡み合って、排水管のつまりを引き起こします。髪の毛をこまめに取り除き、つまりの原因を予防しましょう。

■油や洗剤
食事や洗濯などで利用される油や洗剤ですが、これらをそのまま排水口内に流してしまうと、流しきれなかったものがそのままつまってしまいます。酸化すると固くなるため、排水口内のつまる原因になってしまうのです。油などはすぐに捨てずにキッチンペーパーなどで吸い取ってからゴミへ捨てましょう。

排水管がつまった際の対処法


もし排水管がつまってしまった時は、すぐに対処しなければなりません。ここでは、つまった際の対処法について詳しくお伝えします。

■タオルとお湯を使った方法
タオルとお湯を使うことで、つまりを解消できる場合があります。具体的な手順は以下の通り。

手順1:フェイスタオルなどを用意
手順2:タオルを排水口につめる(水が流れない程度に)
手順3:お湯(60℃程度)を溜めていく
手順4:タオルを一気に引き抜く
ここでのポイントはタオルを思いっきり抜くことです。それにより水圧が強くかかり、排水ホースのつまりを一気に流すことができます。もし一度で流れが良くならない場合には、何度も繰り返すことで水流れも徐々に解消される可能性があるので、繰り返し行ってみましょう。

■重曹と酢で
重曹や酢を使った方法もあります。

手順1:排水口に重曹をかけて汚れを落とす
手順2:さらに重曹をかけて、その上から酢をかける
手順3:30分放置する
手順4:お湯で流す
酢の匂いが気になる方は、代わりにクエン酸を使うことで気になる匂いはなくなります。

■パイプクリーター
ホームセンターなどで売られているバイプクリーターも、つまり解消に有効です。

手順1:排水口の部品を取り外す(排水ホースが見えるまで)
手順2:パイプクリーナーを排水口に向けて流す
手順3:15分から30分ほど放置する
手順4:水で流していく
以上でつまりを取り除くことができます。パイプクリーナーはお風呂や洗面台、キッチンなどさまざまなシーンで可能できます。髪の毛のつまりや油汚れなどにも有効です。

ホームセンターで300~1,000円で売られていますので、チェックしてみましょう。

■ラバーカップを使う
主にトイレの排水口内がつまってしまった場合の対処法になります。トイレットペーパーなどが原因の場合には、ラバーカップが効果的です。

手順1:トイレの排水口に合わせて置き、密着させる
手順2:ゆっくり押し込む
手順3:力を入れて、おもいっきり引き抜く
紙類が吸い寄せられ、つまりが解消されるでしょう。

■業者を呼ぶ
ひどいつまりやなかなか水の流れが良くならない場合には専門業者を呼んで対応してもらいましょう。お近くの水道修理業者にお電話することで、スタッフが駆けつけてくれます。

また、自分で対処したことで状況を悪化させてしまうケースも少なくありません。対処に不安がある方はむやみに自力で対処しようとせず、専門業者に依頼することをおすすめします。

排水管のつまりを防ぐために普段から対策を!


つまりが起きた際の対処法も大切ですが、できればつまりを未然に防ぎたいですよね。普段から排水口のお手入れをすることで、つまりを防ぐことができます。

予防法を詳しくみていきましょう。

■日頃から髪の毛などを取り除く
排水口に溜まっている髪の毛をこまめに取り除いていきましょう。手で取っても良いですが、抵抗がある方は割り箸やブラシなどを使用してください。

ヌルヌルがある場合には、洗剤を使うことで効果的に取り除けます。

■残った食材を排水口に捨てない
食事後の片付けで、残った食材を排水口に捨てていませんか。これでは食べ残った食材が排水口に流れてつまる原因になります。

残った食材は冷蔵庫に保存するか、ゴミ受け箱に一旦入れて水分を取り除いたあとに生ごみとして廃棄しましょう。

■油はすぐに捨てない
油は酸化すると、固まってしまいます。排水口内にそのまま流してしまうと、つまる原因になってしまうことも。食べ残った油などは、キッチンペーパーなどで拭き取って燃えるゴミとして捨てましょう。

まとめ


日頃から水回りを使用していると、どうしてもトラブルは起こりがちです。あなたの家でももしかしたら排水管のつまりトラブルが起こるかもしれません。

つまりが起きた際は、当記事でご紹介した方法を試して問題解決をしてみましょう。解決できない時には速やかに業者を呼んで対処してもらうことも一つの手です。

また、日頃から掃除やお手入れを行うことで未然にトラブルを防げます。大きな修理代を払わなくて済むように、習慣化していきましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315