【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » シャワーから水漏れした際に考えられる原因とは?対処法をチェック!

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーから水漏れした際に考えられる原因とは?対処法をチェック!

2022年01月21日 水漏れトラブル

「シャワーの水を止めたのに、ポタポタと水滴が落ちてくる」といった状況の場合、もしかしたらシャワーの部品のどこかが劣化しているかもしれません。劣化している際は部品交換が一般的ですが、あまりにもひどいケースであれば、水道修理業者に依頼した方がよいでしょう。

今回は、シャワーから水漏れする原因と水漏れしてしまった際の対処方法、そして業者に依頼するときの修理費用などについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

シャワーから水漏れした際に考えられる原因


シャワーから水漏れが起こる原因として考えられるのは、大きく分けて「シャワーヘッド本体の劣化」「水栓のゆるみや内部にある部品の劣化」などが挙げられます。

まず、シャワーヘッド本体に原因があれば、根元にあるパッキンと呼ばれる部分や内部の部品の劣化が考えられます。

また、水栓を閉めてからシャワーヘッドを上向きにすることで、水が止まればシャワーヘッド内に水が溜まっている証拠になります。そういった時は、シャワーを使った後にヘッド部分を下向きにして水抜きをすることで基本的に解決するでしょう。

もし水栓をしっかりと止めても、シャワーヘッドを上向きにしても改善されない場合は、水栓のナットやボルトが緩んでしまっているかもしれません。もしくはパッキンが劣化している可能性があります。

同じシャワーヘッドを10年以上使っていると、パッキンや他の部品が劣化してしまいやすくなり、こういった水のトラブルが発生しやすくなるので、気を付けるようにしてください。

シャワーの水漏れトラブルの対処法


シャワーの水漏れが起きたとき、どのように対処すればよいのでしょうか。こちらもまた、原因の場所によって対処方法が異なります。

シャワーヘッドに原因がある場合、パッキンやシャワーヘッド本体の交換であれば、誰でも対処することが可能です。

パッキンが固くなっている、もしくはパッキン自体がひび割れているのであれば、交換のサインです。パッキンやシャワーヘッドはホームセンターなどに売っていることが多く、もともと使っていたメーカーの型番や大きさなどをチェックしておけば、比較的簡単に入手可能です。

新しいものに交換したのに水漏れが収まらない、以前より水漏れの状況が悪化したなどであれば、型番が間違っている可能性があるため、しっかり確認するようにしましょう。

「水栓に原因」がある場合、まずは接続部分が緩んでいる可能性があり、こちらもホームセンターで手に入られるモンキーレンチのような工具を使って、締め直すようにしてください。パッキンやバルブといった部品の交換が必要となった際は、新しいものに交換することが必要になってきます。

したがって、もし自分で対処するのであれば、設計図があればより作業がしやすくなるでしょう。なお作業を始める前には水栓を閉め、蛇口をひねっても水が出ないと確認してから行うのがポイントです。

ただし、浴室で使う水栓というのは、水とお湯の切り替えのほかに、シャワーへの切り替えがある関係で、単水栓と比べてもかなり複雑な構造となっています。そのため、あまりこういった作業に慣れていない方や自信がない方は、無理に作業をすると状況をますます悪化させてしまう可能性があります。

さらに「水栓の型番が特定できない」「生産が終わっている」「近くのホームセンターに売っていない」といったこともあります。中には、水栓本体を交換した方がいいケースもあるので、自分では対処しきれないと判断したら、水道修理業者を頼ることも検討した方がよいかもしれません。

業者に依頼することのメリットとしては、水漏れ修理だけではなく、水漏れが起きた原因や水栓自体の交換まで総合的なサポートが受けられることにあります。やはり、水に関するトラブルは早めに対処することが大事ですし、シャワーが使えないといった不便な生活が続くと嫌ですよね。

さらに、修理や交換だけでなく、シャワー以外の水のトラブルを含めた点検を行ってくれる業者も中にはいるので、他にも気になる場所がある方にはおすすめといえます。「確実な対応をしたい」「自分で対処するのは難しい」といった場合は、ぜひ依頼してみましょう。

シャワーの水漏れ修理費用の目安


最後に、シャワーの水漏れ修理費用の目安についてご説明します。実は、シャワーの水漏れと一口にいっても、原因である場所によって費用が異なります。

もし「シャワーヘッド」からの水漏れであれば、バルブやシャワーヘッド本体の交換が必要となります。シャワーヘッド、バルブ本体の相場は、およそ3,000~8,000円、修理費用は約4,000円となります。

さらに、そこに出張費用が発生する場合だと、費用は約3,000~5,000円かかるとされています。蛇口の付け根やシャワーホース本体の付け根などの接続部からの水漏れであれば、内部にあるパッキンが劣化してしまっている可能性が非常に高いです。

パッキンの交換は比較的手軽に行うことができ、パッキン自体の価格であれば1,000円程度です。こちらももし出張費がかかると、3,000~5,000円あたりと予想できます。

もちろん、シャワーの水漏れの原因や状況、交換するパーツの価格、さらに依頼する業者によっても費用が前後してしまうこともあります。「できるだけ費用をおさえたい」といった方は、いくつかの業者を比較してみるのがおすすめです。

ただし、あまりにも費用を重視しすぎると、対応が雑な業者も中に入るので注意しましょう。また「他の場所も見てほしい」「シャワーだけでなく、お風呂の全体的なメンテナンスをしたい」と考えている方であれば、そういったところも対応してくれる業者、もしくはアフターサービスのやってくれる業者を選ぶようにしてください。加えて豊富な実績数をもっている業者を基準に選ぶのも一つの手です。

まとめ


今回は、お風呂のシャワーが水漏れを引き起こす原因や対処法、さらに水道修理業者に依頼した時にかかる相場の費用などをご紹介してきました。

シャワーの水が止まらないのは、一見大きなトラブルには思えないかもしれません。しかし、いつまでも水漏れが起きていると、その分、余計な水道代がかかってしまいますし、決して放置していいことはありません。

一般的に水栓やシャワーは、おおよそ10年程度の寿命だとされています。とくに現状で何の問題も起きていなかったとしても、寿命である10年を目安に水漏れを引き起こす可能性が充分に考えられます。そのため、水栓やシャワーは定期的に交換しておくのがいいでしょう。

また自分で対処するのであれば、今使っている型番をしっかり確認して、ホームセンターで入手してみてください。「自分で対処するのは不安」「こういった作業に慣れていないから心配」といった方は、工務店や使っているメーカー、水道修理業者を頼るのがおすすめです。

水道業者に依頼することで、水漏れが起きてしまった原因を追究できるほか、使用しているメーカーの特定や部品の取り付けだけでなく、水に関わるトラブルを全体的にメンテナンスしてくれます。

シャワーの水漏れだけでなく、他にも気になるところがある方は、ぜひ依頼するときに相談してみてくださいね。なお費用やサービス、実績の多さなども考慮しながら、選ぶことも大切です。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315