【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレタンクの水漏れ!考えられる原因と対処法

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンクの水漏れ!考えられる原因と対処法

2022年12月26日 トイレのトラブル


いつも私たちの生活を支えるトイレ。しかし、トイレタンクから水漏れが起きると、大きな不安を抱えるものです。水漏れを放置すれば床にまで水が広がり、床材の腐食や家屋の破損などといった二次トラブルにつながる可能性があります。

水漏れに気づいたときこそ、迅速な原因の特定やスムーズな対処が求められるため、この記事ではトイレタンクの水漏れにおいて考えられる原因と、効果的な対処法についてご紹介します。

トイレタンク内の水漏れで考えられる原因


トイレタンクから水漏れが起きたときは、トイレタンク内に取り付けられた部品に異常があると考えられます。

そもそもトイレタンクは、複数の部品がそれぞれ干渉することで給水・止水が行われる仕組みです。そのため一つの部品に異常があれば干渉できないことから、給水や止水が正常に機能しないといった異常が見られます。

トイレタンクから水が漏れる原因がタンクの割れなどではない場合は、タンク内の部品に異常があると判断しましょう。

なかでも特に考えられる原因は以下の3つです。

● オーバーフロー管のつまり・破損
● ゴムフロートの劣化・汚れの蓄積
● 鎖が絡まっている・他部品に干渉している

なお、トイレタンクを確認する際は、必ず止水栓を閉め、水の給水を止めてから行いましょう。

オーバーフロー管のつまり・破損
タンクに異常が見られない場合は、タンクに取り付けられたフタを取り外し、タンク内部を確認しましょう。水漏れの原因として考えられるのはオーバーフロー管です。

オーバーフロー管は水がタンク内から溢れそうになった場合に排水する役割があります。他の部品に異常がみられ、給水が止まらない場合でも、オーバーフロー管が正常に機能することで排水が行われるため、便器内に水が流れて止まる仕組みです。

しかし、オーバーフロー管に破損などの異常がある場合は、不要な水が便器内に排出されないため、タンクから水漏れが生じます。

ゴムフロートの劣化・汚れの蓄積
トイレの使用後に使うレバーは、タンク内で鎖、ゴムフロートと呼ばれる弁とつながって作動します。レバーを引くとチェーンが上がり、ゴムフロートが持ち上げられて便器に水が流れるといった仕組みです。

このゴムフロートが劣化や汚れの蓄積によって弁としての機能が成り立たない場合、タンク内から水漏れが起きます。

ゴムフロートは経年劣化や水アカなどの汚れが付着すると、割れたり隙間ができたりします。その結果、タンクから便器にかけて水漏れが起きるのです。レバーを引いていないのに、便器やタンク下から水が漏れる場合は、ゴムフロートの劣化や汚れが付着している可能性を疑いましょう。

鎖が絡まっている・他部品に干渉している
レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が使い方や給水によって絡まっている場合も水漏れが起きます。その理由はゴムフロートが弁としての役割を果たせないことが原因です。

ほかにも、他の部品に鎖が干渉している場合も、ゴムフロート、レバーが正常に機能しないことから、水漏れが起きる場合があります。

レバー、鎖、ゴムフロートは三位一体です。タンクから水漏れが見られる場合は、それぞれの部品に異常がないかを確認しましょう。

トイレタンクから水漏れ!修理費用相場とは?


トイレタンクから水漏れが見つかった場合の修理費用相場は約5,000〜7,000円です。部品は数千円で購入できるものの、水道業者に修理を依頼すれば出張費や諸費用、夜であれば夜間料金などを付加して請求するケースもあります。

トイレタンク以外のトラブルによる水漏れの修理費用相場


トイレタンク以外から水漏れが見つかった場合は、速やかに原因を突き止めたうえで水道業者に修理を依頼しましょう。ここではトイレタンク以外の水漏れにおける修理費用相場についてご紹介します。

つまり
トイレがつまった場合は、つまりを解消する薬剤を投入したり、高圧洗浄機を使ってつまりを除去したりする方法があります。つまりの原因によりますが、一般的な修理費用相場は8,000〜20,000円前後であることが多いです。

固形物をつまらせてしまったなどの深刻なつまりであれば、一時的に便器を取り外したうえで点検・対処する場合もあります。大がかりな修理が必要と判断された場合は、10,000円〜50,000円ほどの費用がかかることを視野に入れましょう。

給水管周りの破損
トイレを使用したあとに給水管から水が漏れるようなら、給水管が劣化によって破損している可能性があります。給水管が破損したことによって水漏れが起きた場合は、給水管の交換が必要になります。その際は5,000円からの修理費用がかかります。

ナットやパッキンなど、部品のみの交換で済むと判断された場合であれば、諸費用などを含めても4,000〜7,000円ほどで済むと考えられます。

便器
便器にヒビが入ったり割れが見つかったりしたときは、新しい便器との交換が必要になります。新品の便器に交換する際は、30,000〜50,000円ほどの修理費用がかかることを視野に入れましょう。

トイレの床/strong>
便器の設置部分である床から水漏れが見つかったときは、排水管の劣化によって水漏れが起きている可能性があります。排水管の劣化が原因の場合は、大がかりな修理を伴うため、費用も修理日数も多くかかることに留意しましょう。

一般的な修理費用相場は、大がかりな場合でも50,000円以上、部品のみの交換で済めば5,000円ほどです。

トイレの床に水漏れが見つかったときは、複数の水道業者に無料見積もりを依頼し、相場とかけ離れていないかを確認してください。そのうえで、価格面やサービス面、接客面でも安心・納得できる業者を選ぶよう意識しましょう。

温水洗浄便座
温水洗浄便座が故障した場合は、ノズルなどの修理・交換を含めても15,000〜25,000円がかかります。温水洗浄便座の平均寿命は7年〜10年といわれていますが、平均寿命がこれだけ短いのは、頻繁に新しい製品が誕生し、部品そのものを製造しなくなることが挙げられます。

部品がなければ現在の温水洗浄便座は直すことが不可能なため、やむを得ず新しい物へと交換することになります。価格の低い温水洗浄便座を選んだ場合でも20,000〜50,000円ほどの費用がかかる点に留意しましょう。

まとめ


トイレタンクから水漏れが見つかったときは、主にタンク内に取り付けられた部品に問題があるケースが多いです。部品はそれぞれの部品と干渉することで機能するため、タンク内から水漏れが見つかった場合は部品のチェックを行いましょう。なお、タンク以外からの水漏れは、温水洗浄便座や給水管、床下、便器などをくまなく確認してください。

万が一、床や便器からの水漏れであれば、床材や便器を取り外すなどの大がかりな修理が伴います。同時に費用も高額になるため、日頃からトイレやタンクに異常がないかを確認すると良いでしょう。

大きな費用を伴う水漏れは、複数の水道業者に見積もりを依頼しましょう。その際は、かけ離れた修理費用ではないか、信頼できる業者であるか、アフターサービスはあるかといったポイントもチェックしたうえで依頼を検討しましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315