【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » キッチン蛇口の交換方法

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチン蛇口の交換方法

2019年05月29日 水のトラブル
4
キッチン蛇口の交換方法は、大きく分けてふたつ。「自分で交換」と「業者に依頼」です。業者に頼む場合はすべてお任せでよいかもしれませんが、ひとりの力で作業をやり切ろうと思えば蛇口の種類や手順、注意ポイントなど事前に情報を集めてからの着手が大切。今回は、キッチン蛇口の種類とその特徴、交換時の手順と注意点についてご説明します。


キッチン蛇口の種類を知ろう

キッチン蛇口を自分で交換するとなれば、まず知っておきたいのが、「どの種類の蛇口を選べばよいか」という情報。使用中のキッチンに対し、非対応の蛇口を選ぶとまったくの徒労となってしまうため、注意が必要です。以下、キッチン蛇口の種類をご説明します。キッチン蛇口は「台付きタイプ」と「壁付きタイプ」に分かれます。台付きタイプには、さらに「ワンホール」と「ツーホール」があるため、キッチン構造の違いも意識して選択してください。

・台付きワンホール
取り付け口がシングルタイプの蛇口です。ワンホール対応のシンク天板だと、ツーホールへのチェンジはできません。

・台付きツーホール
取り付け口がダブルタイプの蛇口です。2か所で固定します。ツーホールタイプを選ぶべきなのはもちろん、2か所の穴の距離がジャストサイズのものを選ぶ必要があります。

・壁付き水栓
その名の通り、壁に取り付けるタイプの蛇口です。壁の内部にある給水管(ソケット)に直接取り付けます。

・蛇口の口径も合わせる
蛇口の口径は、キッチン天板の穴のサイズと同じでなければなりません。たとえ種類が同じでも、口径が異なるとしっかり差し込むことができず、不安定な状態を招きます。気を付けたいのが、旧式の蛇口を使用していたときです。現行タイプと規格が異なるケースが多いため、購入の際は対応の可否をきちんと確認することが重要です。


キッチン蛇口交換の手順と注意点

蛇口本体をキッチンもしくは壁に取り付けるだけの作業で、とくに難しいことはありません。ただし、壁付き水栓の場合は要領があります。

・台付き水栓
以下の手順で進めていきます。

1. 止水栓を止める
2. シンク下の給水管・給湯管と蛇口ホースをつなぐナットをモンキーレンチで取り外す
3. 蛇口本体のナットをモンキーレンチで取り外す
4. モンキーレンチを使い、新品蛇口を取り付ける
5. 新品蛇口ホースの取り付け
6. 止水栓を開けてお湯・水が出るかどうかを確認

ナットが錆びて取り外しが非常に困難なときは、錆び取りスプレーなどをうまく使いましょう。くれぐれも、力を入れすぎて給水管を折ることがないように気を付けてください。

・壁付き水栓
作業の前に、モンキーレンチとシールテープ、ぞうきんをご用意ください。作業手順は以下の通りです。

1. 止水栓を止める
2. 蛇口本体をモンチーレンチで取り外す
3. 壁に取り付けられた脚の金具を取り外す
4. 新品蛇口の脚の金具を取り付ける
5. 新品蛇口本体を取り付ける
6. 止水栓を開けてお湯・水が出るか、水漏れしないかを確認

蛇口の脚は、壁の内部のソケットに付いたネジを回して外すため、細かい作業が求められます。モンキーレンチを使って、ネジを反時計回りに回しましょう。ソケットごと取れないようにゆっくり回すのがコツです。


専門業者に任せたほうがよい蛇口もある

蛇口の交換は、自分でできるものならそのほうがコスト安ですし、実際に自力でこなす方も少なくありません。ただし、台付きツーホール蛇口などのような、技術的に難しくてDIY対応が不向きの種類もあります。そんなときは、専門業者への依頼が最適です。

しずおか水道職人では、キッチン蛇口のパッキン、ハンドル内部品、スパウトなどの交換サービスも実施しております。各部品の交換費用は次の通りです。蛇口本体を取り替えなくても、ゴムパッキンやカートリッジ交換で済む場合もあります。部品のみであれば、本体交換よりもコストがかかりません。

施工内容施工料金
パッキン交換2,000円~
ハンドル内部品交換2,000円~
スパウト等部品交換2,000円~
カートリッジ交換8,000円~

※別途、材料代と出張料金3,000円あり

キッチン蛇口には耐用年数があり、およそ10年が交換の目安です。あくまで目安であり、キッチンの使用頻度や使い方によって異なります。15年使用を続けても問題ないご家庭もあるでしょうし、反対に5年程度で使えなくなってしまうケースもあるでしょう。また、カートリッジやパッキンも同じく消耗品ですので、適宜取り換えが必要です。コンディションを確認し、必要に応じて交換することをおすすめします。老朽化した蛇口を放置すると水漏れなどを引き起こすため、トラブル発生の前に早急に対処しましょう。

キッチン蛇口を取り替える際は、使用中のキッチンに対応できる種類かどうかをまず確認します。種類だけでなく、差込口の口径も合わせないと取り付けできません。蛇口の交換では、これら基本情報の事前把握が大切です。なお、台付きツーホール蛇口は専門家でないと交換が難しいタイプですので、見積もりを出してもらったうえで専門業者に依頼しましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315