静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » お風呂のゴムパッキンを交換するタイミング

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂のゴムパッキンを交換するタイミング

2020年05月27日 お風呂のトラブル
③
お風呂のゴムパッキンは、どのタイミングで交換するべきでしょうか。以下でご紹介する歪み・割れ・カビなどが気になり始めたら、速やかに交換をご検討ください。お風呂のゴムパッキンの交換にまつわる基礎知識をご紹介していきます。

ゴムパッキンを交換するタイミング

素材や環境などの条件にもよりますが、一般的にゴムパッキンの耐用年数は10年程度といわれています。しかし、年数にかかわらず以下のサインが見られたときは、ゴムパッキンを交換するタイミングです。お風呂のゴムパッキンの交換を検討しましょう。

ゴムパッキンが歪んでいるとき
お風呂のゴムパッキンが浮いていたり、波打っていたりと、歪みが生じていないでしょうか。これらは、ゴムパッキンの素材が伸び縮みすることで起こり得る歪みです。ゴムパッキンが歪んで隙間ができると、水が入り込みカビの発生や劣化につながるため注意が必要です。

ゴムパッキンが割れているとき
ゴムパッキンは、経年劣化により割れてしまうことがあります。耐用年数に近いときは、お風呂のゴムパッキンに割れが生じていないか、改めて確認しておくことをおすすめします。割れた部分からは水が入り込みやすいため、速やかに交換しましょう。

ゴムパッキンにカビが生えているとき
お風呂は湿度が高く、カビが生えやすい場所です。ゴムパッキンにカビが生えると、日頃のお掃除で取り除くのが難しいことも。カビがゴムパッキンの奥に入り込み、市販のカビ取り剤で対処できないときは、新しいものに交換して清潔に保ちましょう。


お風呂のゴムパッキンの交換方法

DIYでお風呂のゴムパッキンの交換をするときの、作業手順をご紹介します。気になるカビをしっかりとクリーニングしたうえで、新しいゴムパッキンと交換しましょう。

古いゴムパッキンを取り除く
まずは、お風呂にある古いゴムパッキンを取り除きましょう。カッターを使って切り込みを入れると、ゴムパッキンを剥がしやすくなります。ただし、刃物でケガをしたり浴室に傷をつけたりしないよう、慎重に扱ってください。コーキング剤を剥がすときは、専用の工具であるコーキングカッターを使っても良いでしょう。

クリーニングする
お風呂のゴムパッキンを取り除くと、細かい隙間に汚れが付いたり、カビが生えたりしている場合があります。この状態で新しいゴムパッキンを取り付けると、内部に汚れやカビが残ってしまうため、必ずクリーニングを行いましょう。市販のカビ取り剤を使っても構いません。お掃除後は、新しいゴムパッキンを取り付ける前にしっかりと乾燥させます。

新しいゴムパッキンを取り付ける
新しいゴムパッキンを取り付けます。交換用のゴムパッキンを使用する場合は、新しいゴムパッキンをハサミでカットして、隙間ができないようにはめ込んでいきましょう。コーキングをする場合は、マスキングテープで周囲を保護したうえでコーキング剤を塗り、ヘラで平らにしていきます。テープを剥がしたら、コーキング剤を乾燥させましょう。


DIYで交換作業をするときの注意点

お風呂のゴムパッキンを交換するとき、まず注意しておきたいのは、壁との間に隙間ができないようにすることです。ゴムパッキンは、隙間なく取り付けると水が入り込むのを防げます。交換作業で隙間ができると、カビの発生や劣化につながるためご注意ください。また、新しいゴムパッキンを取り付ける前に、水分が残っていないことを確認しましょう。

コーキングを行うときは、コーキング剤が余計な部分に付着しないよう、慎重に作業することが大切です。誤って壁に付くと剥がすのが難しく、肌に付着すると手荒れにつながるおそれがあります。また、天井に近い部分など高所の交換作業は、安全に十分配慮して行いましょう。DIYでは費用を抑えやすい反面、気をつけるべきことが多くあります。

ゴムパッキンの交換作業は、業者に依頼することも可能です。DIYでは、作業に慣れていない場合に思わぬ失敗やケガが起こることがあります。プロに依頼をすれば、専門的な知識と技術を持つ作業員が交換を担当し、仕上がりのクオリティが高いのもメリットです。


ゴムパッキンを業者に交換してもらう方法

お風呂のゴムパッキンの交換を業者に依頼するときは、信頼できる業者をお選びください。まずは見積もりを取り、出張や施工にかかる費用を確認します。費用が相場より安すぎたり高すぎたりしないかチェックしたうえで、追加費用が発生しないか問い合わせておきましょう。静岡県の水道局指定店である「しずおか水道職人」でも、お風呂のゴムパッキンの交換を承っております。磐田市や焼津市にお住まいの方は、お気軽にご相談ください。


まとめ

お風呂のゴムパッキンが歪んだり、割れたり、カビが生えたりしているときは、交換のタイミングです。耐用年数である10年に達していなくても、必要に応じて交換することをおすすめします。交換作業では、ゴムパッキンに隙間ができないよう注意が必要です。水道工事の専門業者による交換をご希望の際は、「しずおか水道職人」にお任せください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315