【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 流せるものと流せないものを認識しましょう

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

流せるものと流せないものを認識しましょう

2021年03月04日 トイレのトラブル
しずおか水道職人5

トイレ詰まりは使用後に起こるのが一般的

トイレが詰まるタイミングはほぼ決まっています。排泄物とトイレットペーパーを流したあとであり、トイレ使用のタイミングで詰まるのです。「自分が使用する前は大丈夫だった」という場合、ほぼ100%の確率でトイレットペーパー詰まりだと考えてください。便器のなかにペーパーが見えるのであれば、細かくほぐせば流れることがあります。ゴム手袋を着用してペーパーを小さくしていきましょう。

家族が自分一人であれば、とりあえず放置するという手もあります。その間にペーパーの繊維がほぐれ、水と馴染みやすくなるからです。家族が複数人いる場合は、他の家族が使用することを考慮して即座に修理しましょう。熱過ぎないお湯を流してみる、重曹・クエン酸を入れてペーパーをやわらかくする、などの方法が一般的です。

ティッシュペーパーを流すのは厳禁

水道修理業者に依頼される方には、日ごろからトイレにティッシュペーパーを流している方も稀にいます。同じペーパーだから問題ないと思うかもしれませんが、実は水に入れても繊維がほぐれにくいのです。たまに流すくらいなら詰まる確率は低いですが、日ごろから流している人は注意してください。

トイレは一気に詰まらなくとも、経年劣化によって徐々に詰まっていくことがあります。排水管の奥で詰まってしまうと、本格的な修理が必要になります。ティッシュペーパーが水分を含んで膨張すると、排水管を膨張させるように働き、排水管を損傷させることがあるのです。ティッシュペーパーを使用するのは、トイレットペーパーがないときの一時的処置と考えてください。

水に溶けないものを流すのは厳禁です

やわらかいものは溶けると認識している人が少なくありません。たとえばお掃除シートや生理用ナプキン、オムツなどはやわらかいでしょう。しかしこれらは水に溶けないので異物に該当します。溶けないので排水管内部に溜まりやすく、水路を狭くしてしまうのです。人間に例えるなら動脈硬化に該当し、プラークにより血管が狭くなっている状態です。

トイレットペーパー詰まりは使用後に発生するのが普通ですが、異物に関する詰まりは少しずつ進行します。前より流れにくい、異音が気になるといった場合は、気のせいだと思わないことが重要です。ハンカチ、おしり拭きなども流している人が意外と多いです。ペットのトイレ砂や食べ残し、嘔吐物なども水に溶けないものに含まれます。

流せる系を流すときの注意点

お掃除シートやペットシート、トイレクリーナーなどには流せる系が登場しています。燃えるゴミをトイレに流せれば楽と考える人が多いからです。ただし流せる量には限度がありますので、基本は1枚と考えておいてください。

何枚も一気に流してしまうと詰まる可能性が高くなります。流せる系だからと過信せずに、慎重に流すことが重要です。もし詰まったときは、トイレットペーパー詰まりと同様の対策が役立ちます。

実際に固形物を落とす人はいる?

今までの人生において、固形物を流したことが一度もないという人は多いです。おもちゃ、消臭剤のキャップなどは自分から流すことはまずないでしょう。また通常のトイレ使用時において流す状況にはなりにくいです。ただ水道修理の際に排水管からこれらの固形物が見つかるケースは少なからずありますので、無意識のうちに落としている人は多いのです。

実際に固形物をお客様に見せると、流した記憶がないと驚かれるケースは多々あります。固形物で意外と落としやすいのは携帯電話とスマホで、操作中に手が滑って落としてしまうケースがあります。ほかにもポケットに入れていたライターやペンなどが落下することもあるようです。

スッポンが重宝する場面とは

日常的にスッポンが必要になるような詰まりに遭遇することは少ないでしょう。スッポンを使うなら中度以上の症状だと考えてください。スッポンはラバーカップとも言われており、排泄物やトイレットペーパーを大量に流したときに使用されます。ティッシュペーパーの場合は溶けないので、トイレ用のパイプクリーナーでやわらかくして流すのがおすすめです。

スッポンは異物を取り出すものと思われがちですが、この使い方は本来適切ではありません。携帯電話を取り出すためにスッポンを使用したら、排水管が壊れたという話があります。固形物に関しては大きさを問わずに、水道修理業者に取り出してもらうのが基本です。大抵は便器のどこかにあるので、便器を取り外せば出てくることが多いです。自身で無理に挑戦すると、排水管の交換が必要になるので気をつけてください。

しずおか水道職人は浜松市、静岡市、富士市、沼津市といった静岡県の広範囲にネットワークを持っています。家庭用グッズで詰まり・水漏れの修理ができない場合はプロにお任せください。多発するトイレのトラブルを筆頭に、洗面所やキッチン、浴室などの水回り全般に対応可能です。水回りのことならしずおか水道職人がまとめて解決いたします。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315