【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 冬のトイレトラブルといえばつまり!なぜ発生する?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

冬のトイレトラブルといえばつまり!なぜ発生する?

2021年03月14日 トイレのトラブル


冬には、大量の紙を流さなくてもトイレつまりが発生します。その主な原因は寒さや水の冷たさですが、これらがなぜトイレのつまり症状を招くのか疑問に感じるかもしれません。そこで今回は、冬にトイレつまりが発生する理由や自宅でできる効果的な解消法をご紹介します。

どうして冬にトイレつまりが発生する?

冬にトイレがつまる主な原因は、寒さで紙や排泄物が固くなるためです。水が冷たく紙や排泄物が溶けにくいケースや配水パイプの凍結によっても、冬のトイレはつまります。

・紙や排泄物が固くなる
冬場は、寒さのため便器内の紙や排泄物が固くなりトイレをつまらせるケースがよく発生しています。

冬の寒さは、水を凍らせるだけではありません。トイレでも、室内の寒さが厳しくなると便器内の紙や排泄物は固くなりがちです。いつもより固さの増した紙や排泄物は普段通りに排水管を流れず、トイレつまりの原因になります。

・水が冷たく紙や排泄物が溶けにくい
便器内の水が冷たいときには、紙や排泄物が溶けにくくなりトイレをつまらせる事態につながります。

このケースの主な原因は、水の冷たさです。紙や排泄物は、水の温度が高いほうがよく溶ける傾向にあります。冬の寒さで便器内の水温がいつもより冷たくなると紙や排泄物は十分に溶けないことが多く、トイレつまりを招きやすくなります。

・配水パイプも凍結する
厳しい寒さによる配水パイプの凍結も、冬にトイレつまりが発生する大きな原因のひとつです。

トイレが外気温の下がりやすい場所にあると、とくに寒さが厳しくなる夜間にはトイレにつながる給水管や排水管は凍る可能性が高まります。配水パイプが凍結トラブルに見舞われると便器の水はスムーズに流れなくなり、トイレつまりを引き起こします。

冬にトイレがつまったら、最初にこれらの原因を疑ってみるとよいでしょう。


自宅でできるトイレのつまり解消法

自宅で実践できる効果的なトイレのつまり解消法を挙げると、便器内へのお湯の流し入れや配水パイプの解凍です。

・便器内にお湯を流し入れ
紙や排泄物の固さや水の冷たさが原因の場合、便器内にお湯を流し入れるとつまり解消に効果があります。

寒さや水の冷たさで流れにくくなった紙や排泄物は、便器にお湯を注ぐと徐々に柔らかくなります。用意するお湯は、40~60度が適温です。ぬるま湯を便器に流し入れたら、後は放置すれば紙や排泄物が柔らかさを取り戻してトイレつまりは解消されます。

・給水管の解凍
トイレにつながる配水パイプのうち給水管が凍結した場合、自然解凍を待つかカイロやタオルを使って温めると効果的です。

給水管の凍結は、自然解凍を待つとパイプへのダメージがなく安心です。ただ急いでいるときには、カイロを直接あてるかパイプにタオルを巻いてからぬるま湯をかけて温める方法があります。

・排水管の解凍
排水管の凍結には、自然解凍する以外に室内を温めたうえで便器内にお湯を流し入れる方法が有効です。

通常、排水管は便器から床下へと伸びています。給水管と異なり、カイロやタオルで温める方法は使えません。自然解凍を待てないときには、室内を温めながら便器にぬるま湯を注いでパイプ内の温度を上昇させると排水管の解凍を促せます。

自宅でトイレつまりを解消するときは、まず何が原因か確認してから症状に合った方法を試してみてください。


改善が難しい場合は水道修理業者に連絡しよう

自宅で実践できるトイレつまりの解消法で症状の改善が難しい場合、速やかに専門業者に連絡しましょう。

・お湯の流し入れは万能でない
便器へのお湯の流し入れは、すべてのトイレつまりに効果を発揮する万能の方法ではありません。

ぬるま湯を使う場合、食器用洗剤や重曹も一緒に流すと紙や排泄物を和らげる効果を高められます。ただ症状が重くなると洗剤や重曹を合わせる方法でも問題の解決は難しく、紙や排泄物以外の異物がつまったときには効果を見込めません。

・配水パイプの急速解凍には要注意
配水パイプを急いで解凍する場合、自然解凍と異なりダメージを与える可能性があり要注意です。

凍結した給水管をカイロで急速に温めると、多少なりとも配水設備に負担がかかるといわれています。タオルを巻いた上からでも、熱いお湯をかけるとパイプは損傷する恐れがあり十分に気をつけなければなりません。

・改善しなければ業者に連絡
いろいろな解消法でトイレのつまり症状が改善しなければ、専門業者に連絡するのが無難です。

水道修理専門の業者には豊富な知識や業務経験があり、確かなスキルでトイレつまりに対処します。高性能の道具を所有しているので、症状が重くても長い時間をかけず問題を解決に導けると期待できます。

確実にトイレつまりを解消するなら、修復は水道修理業者に任せるのが賢明です。


まとめ

冬場は、紙や排泄物が寒さで固くなったときや水が冷たく溶けにくい場合にトイレをつまらせることがあります。自宅でつまり解消するなら、お湯やカイロを使うと効果的です。
ただ万能の方法ではないため、静岡や藤枝、焼津、富士宮、掛川に在住でつまり症状が改善せずお困りならお気軽に弊社にお問い合わせください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315