【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 冬の寒い日に発生することの多い水道トラブルとは?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

冬の寒い日に発生することの多い水道トラブルとは?

2020年11月29日 水道トラブル
1

冬になると、寒さの厳しい日には水道の凍結トラブルが増えます。よくトラブルに見舞われる水回り設備は、水道管、給湯器やトイレです。普段の生活で水やお湯が使えないと不便になるため、早期の問題解決が望まれます。
そこで今回は、冬場に多く見られる水道トラブルや適切な対処法をご紹介します。

冬は水道トラブルが多い!

冬は、一般家庭で水道トラブルがよく起きる季節です。

・冬に多く見られる水道トラブル
冬に入ると多く見られる水道トラブルとしては、水道管の凍結、給湯器の故障やトイレの凍結が挙げられます。

寒さが厳しくなり外気温が下がると、水道管を流れる水が凍るリスクは高まります。とくに夜間に水を使っていないと、明け方の冷え込みによる水道管の凍結で蛇口から水が出なくなるケースは少なくありません。

給湯器は冬場になると冷水を温める際の負荷が大きくなり、故障が増える傾向にあります。トイレは、室内がかなり冷えたとき水回りの凍結につながります。

・トラブルが起きたら適切に対処
冬場に水道トラブルが起きた場合、被害を広げないため適切な対処が不可欠です。

水道管を流れる水が凍ったときには、基本的に凍結場所を温める必要があります。ただ不用意に温めた際、さらに水道管を傷めるパターンはよく見られるケースです。給湯器やトイレの水回り設備は、安易に修理を試みると器具全体の買い替えになる場合があります。

冬場の水道トラブルでは、原因や箇所に応じた適切な対処が望まれます。


水道管の凍結

冬場に増える水道管の凍結は、とくに寒冷な地域では珍しくないといわれるトラブルです。

・水道管の凍結を招く条件
水道管の凍結を招く条件としては、気温の低下が挙げられます。

水道管内の水が凍りやすい気象条件は、外気温がマイナス4℃以下になったときです。寒冷地では気温低下のリスクが高いといえますが、比較的温暖な地域でも水道管の設置状況によっては凍結トラブルに気をつけなければなりません。

なかでも屋外に露出している水道管や北向きの場所に設置されているケースでは、寒冷地に限らず水道管の凍結トラブルに要注意です。

・水道管が凍結したら
水道管の凍結により蛇口から水が流れなくなった場合、凍結場所の水を溶かす必要があります。

凍った水を溶かす際、最適といわれている方法は太陽光による自然解凍です。水道管に何も手を加えなければ、さらに負担をかけて傷める心配はありません。時間がなければ、お湯やドライヤーの温風を利用する方法があります。

お湯を使うなら、40~50℃くらいが適温です。激しい温度変化は水道管の破損を招くため、急いでいても熱湯をかけてはいけません。


給湯器の故障

給湯器は、夏場より冬場のほうが故障しやすいといわれています。

・なぜ冬に故障しやすいか
給湯器が冬に故障しやすい主な理由は、温かい季節より器具にかかる負担が重くなるためです。

冬場は、温かい季節に比べると水は冷たくなります。冷水を十分に温めるには夏場より熱交換器で燃焼させる必要があり、給湯器にとって大きな負担となるケースが一般的です。さらに洗面や入浴時にお湯の使用量が増えれば、故障のリスクは高まるといわれています。

給湯器の故障が考えられる場合、日常生活に支障を出さないためには速やかな対処が望まれます。

・給湯器が故障したら
給湯器が故障した場合、破損した部品の交換や器具本体の買い替えが必要です。

器具に問題が起きた際、主なサインとしては「水が温まるまでに時間がかかる」、「お湯がぬるい」、あるいは「お湯が出ない」などの症状が挙げられます。トラブルによっては、給湯器から煙が出るケースもあり危険です。

給湯器に故障のサインが現れたときには、早めに対処したほうがトラブルの拡大を避けられます。


トイレの凍結

冬場には、気温の低下によりトイレが凍結するリスクも生じます。

・トイレの凍結は放置できない
トイレの凍結は、水道管や水回り設備の破損を引き起こす場合があり放置できません。

トイレに接続する水道管で凍結トラブルが起きると、凍った水の膨張により水道管の破損を招きます。同時に、便器の損傷やウォシュレットの故障によりトイレを使えなくなるケースも発生します。トイレが使えなくても生理現象は避けられないため、迅速な対応が必要です。

・トイレが凍結したら
トイレが凍結した場合、水道管と同じく凍結場所の解凍が不可欠です。

給水管の凍結には、室内を温めながら自然解凍を待つのが適しています。便器内や排水管の凍結であれば、自然解凍する以外に温水を流す方法もあります。40~50℃程度のぬるま湯を便器に注いだら、少し待ってから症状が改善したか確かめましょう。

給水管はタオルを巻いてからお湯をかけても温められますが、熱湯を使うのは禁物です。


まとめ

冬場に凍結トラブルが起きた際、凍った場所を温めると問題解決には効果があります。ただ自然解凍を待っていると、時間がかかります。

浜松市や掛川市、焼津市、藤枝市など静岡県に在住で水回り設備の修繕が必要なときには、しずおか水道職人にいつでも遠慮なくお問い合わせください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315