【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » お風呂の水漏れは放置すると危険!原因と対処法を知ろう

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の水漏れは放置すると危険!原因と対処法を知ろう

2021年05月21日 お風呂のトラブル


毎日たくさん水を使うお風呂場は、水漏れトラブルが起きやすいです。
少し水が漏れているだけだとつい放置してしまいがちですが、カビやシロアリの原因にもなり、家屋への深刻な被害にも発展してしまいます。

ここでは、お風呂場の中で、水漏れを起こしやすい場所や原因、対処法を紹介します。

お風呂場の水漏れに気づいたら…

お風呂の水漏れが発覚したら、まず止水栓(水道の元栓)を閉めてください。
蛇口から少量の水が垂れる程度ならそれほど心配ではありませんが、ずっと漏れ続けている場合は、原因がわかるまで水が出てこないようにしておきましょう。

止水栓は、水道メーター付近に設置されていることが多いです。
止水栓を右に回して締めましょう。
マンションやアパートなど集合住宅の場合、元栓の場所がわからないかもしれません。
その場合は、管理会社や大家さんに連絡しましょう。
水が止まったら、水漏れの原因箇所を確認してください。


お風呂場で水漏れが起きやすい場所と対処法

お風呂場には水漏れしやすい場所があります。
どこから水漏れしているかわからない場合は、次の5つの場所を確認してみてください。

・蛇口
お風呂場の蛇口にはパッキンが取り付けられています。
このパッキンが劣化して固くなると、部品の接続部分に隙間ができて水漏れを起こしてしまいます。
多くの蛇口には、ハンドル部分やスピンドル部分、ナットの接続部分にパッキンが使われています。
これらの場所から水漏れが見られる場合は、そこに取り付けられているパッキンを取り出してみてください。
そのパッキンが固くなって手に黒い汚れのようなものが付いた場合は、パッキンが劣化していると言えるので新しいものと取り替えましょう。

・シャワーヘッド
シャワーヘッドから水がポタポタと垂れている場合は、シャワーヘッドの中に水が残っていて、その水が垂れているだけかもしれません。
シャワーヘッドを持ち上げた時に水漏れが収まる場合は、シャワーヘッド内に残った水が原因だと考えられます。

これは故障ではありませんが、長年使用したシャワーヘッドだと水が溜まりやすくなるので、気になるようでしたら買い替えても良いでしょう。

シャワーヘッドを持ち上げても水が漏れてくる場合は、蛇口内部の部品の劣化や破損が考えられます。
部品は自分で交換できることもありますが、状況によっては蛇口本体の交換が必要になることもあるので、専門業者に相談した方が安心です。

・浴槽
頑丈に作られている浴槽でも、長年使っていると経年劣化によってヒビ割れが起こることがあります。
「いつの間にか、お風呂の水が減る」という場合は、浴槽のヒビ割れが原因かもしれません。

ヒビ割れの状況によっては、浴槽用の補修テープやパテを使って仮補修することはできますが、これはあくまでも応急処置です。
完全に水漏れを解消するには、専門業者に修理の依頼をしましょう。

・床下や壁内部
お風呂場には、床と壁の間や浴槽と壁の繋ぎ目などにシリコンなどの素材を埋め込んで、水が染み込まないように施しています。
このシリコンが劣化すると、床下から水が漏れてしまいます。
市販の補修材を用意して自分で修理することも可能ですが、水漏れが発生している状態なら、床下の状況を直接確認する必要があります。

お風呂場は湿気の多い場所なので、傷みやすくトラブルも起きやすくなります。
床下の配管やパイプ類に原因があることもあるので、専門業者に床下点検を依頼しましょう。

・給湯器
給湯器は精密機械なので長年使用していると経年劣化し、給水ホースやパッキンの劣化で水漏れすることが多いです。
耐用年数は約10~15年だと言われており、10年以上使っているとさまざまな箇所で不具合が起き故障することもあります。

素人では給湯器の異常を見抜くことができないので、メーカーや専門業者に相談した方が良いでしょう。

・換気扇
換気扇が原因で水漏れすることもあります。
湿気の多いお風呂場の換気扇は水滴が付きやすく、その水分が処理しきれないと換気扇内に水が溜まり、水滴となって落ちてきます。
換気扇の中を掃除して水分を取り除くことで水漏れは解消されます。

しかし、水分が溜まっていたことで内部が錆びついていたり、別の問題で故障していたりすることもあるので、不具合や異常に気づいたら放置せずに専門業者に連絡しましょう。


お風呂の水漏れは放置してはいけない

マンションやアパートなどの集合住宅で水漏れが起きると、賠償金や慰謝料の問題が発生することもあります。
下の階だけでなく、建物や配管の構造上、離れたところにある部屋にも被害を与える場合もあります。

賠償金や慰謝料を誰が支払うかについては、水漏れの原因によって違ってきます。
経年劣化、共用部分の劣化や破損であれば、管理会社か大家さんが支払うことになります。

しかし、個人の過失によって水漏れを起こした場合は、借主が支払わないといけません。個人で賠償金や慰謝料を支払うことになった場合、被害が大きいと数百万円にまで及ぶこともあります。

また、水漏れによって漏電の恐れもあるので、電気会社へも連絡した方が良いでしょう。賠償金を支払うことになった場合、個人賠償責任保険に入っていれば適用されます。
管理会社や大家さんが加入していることもあるので、事前に確認しておくと安心です。


水のトラブルでお困りの方はしずおか水道職人へ

お風呂場の水漏れが起きやすい場所や原因、対処法について紹介してきました。
ここで紹介したことを理解しておくことで、被害拡大を予防することができます。
また、自分で修理するのが難しい場合は、迷わず専門業者に依頼しましょう。

しずおか水道職人は、静岡市を拠点として沼津市や島田市、熱海市や三島市、裾野市など静岡県内全域に対応しています。
年中無休で修理の受付を行っており、お見積りの費用も無料ですので安心してご連絡ください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315