【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 給湯器の水漏れ・故障の対処法と修理費用の相場は?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器の水漏れ・故障の対処法と修理費用の相場は?

2021年06月05日 給湯器の水漏れ


給湯器からポタポタ水が漏れる、給湯器が急に故障するなど、冬場に困るのが給湯器のトラブルです。お湯が出にくくなることも困りますが、そのまま使い続けると余計なガスや水を使うことになり、ガス代や水道代がかさみます。

また一酸化炭素中毒の原因にもなり、健康や命に係わる事故の原因にもなりますので早急な対応が必要となります。ここでは給湯器の水漏れのチェックと、自分でできる対処法についてまとめました。

放置は厳禁!給湯器のトラブルはすぐに対応必須

まず一番に注意して頂きたいのは、給湯器の水漏れやトラブルはすぐに対処しなければなりません。なぜなら、一酸化炭素中毒の危険性があり、最悪の場合死亡事故につながるからです。給湯器内で水漏れが起こっていると、ガスの不完全燃焼が起こり、一酸化炭素が発生します。一酸化炭素は無色・無臭なのでとても気付きにくく、室内に充満し異変が起きるまで原因が分からなかったりします。

屋外に設置するタイプのガス給湯器でも窓から排気ガスが室内に入り、一酸化炭素中毒の原因となることも少なくありません。給湯器の水漏れを発見した場合は、まず速やかに給水バルブを閉め、使用を停止しましょう。

マンションやアパートなど、集合住宅の場合は階下への影響を確認

次に気を付けたいのは階下への影響です。マンションやアパートで下の階に部屋がある場合、ガス給湯器の水漏れによって階下が水浸しになってしまうトラブルも発生します。パッキンの劣化や凍結による亀裂によって生じた水漏れが、配管の状況や水漏れ箇所によっては階下の天井を水浸しにしてしまうのです。

階下への損害賠償など、大きな近隣トラブルになりかねませんので、水漏れや凍結などトラブルが起こった際は早めに確認しましょう。

給湯器の水漏れ原因を探る

では、給湯器の水漏れ原因はどんなことでしょうか?主な原因は下記の3つです。

・経年劣化によるもの
多くは経年劣化による水漏れがほとんどです。長年使用していくうちに給湯器内部のパッキンや部品が劣化し水漏れの原因になります。7~8年ほどすると、ほとんどの部品が古くなっているため、修理や部品交換の必要があるとみてよいでしょう。その場合は、パッキンや内部の部品の交換をおすすめします。

ただし、約10年で給湯器の部品は製造終了となりますので、時期によっては部品が生産終了して在庫がないなど修理ができない場合もあります。その際には、給湯器ごと交換することも検討してください。

・配管の凍結によるもの
冬期に多いのは、配管の凍結による水漏れです。配管の中で凍った水が膨張し、配管に亀裂を生じさせてしまうのが、水漏れの原因です。この場合は、亀裂が入ってしまいますので、配管の交換・修理が必要になります。

凍結により水漏れは、意外に寒冷地ではなく、関東から南の地域でよく見られます。というのも、寒冷地ではあらかじめ凍結防止策が取られているのに対し、寒冷地以外の地域ではあまり凍結防止がなされていません。そのため、例年より寒い冬など気温が一時敵にでも下がると、配管の凍結が起こりやすくなります。北海道や東北などの寒冷地でないから大丈夫とは思わず、寒冷地でない地域こそ冬期間は注意が必要です。

・設置や工事の取り付け不備
あまりありませんが、設置する際の取り付け工事に不備があり、水漏れの原因になっているケースもあります。新築やリフォームしたばかり、または給湯器や水回りを新しくしたのに水漏れする場合は、設置や取り付けに問題があると考えられます。その場合はすぐに使用をやめ、設置した業者に連絡し作業のやり直しをしてもらいましょう。

自分でできる!給湯器の水漏れチェックと対処法

さてそれでは水漏れトラブルが起きた際、どうすればいいのでしょうか?まずは、どこに原因があるのか?本当に修理が必要か?など、確認する必要があります。下記の手順でチェックしてみましょう。

・給水栓を止める
まず給湯器のコンセントを抜いて、給水栓を止めましょう。

・水が漏れている箇所をチェックする
給水栓を止めた状態で、どこから水が漏れているのか場所を突き止めます。その際に、水に色が付いていないかも確認してください。

・水抜き栓をチェックする
凍結防止のために給湯器には水抜き栓があり、そこからときどき余分な水が排出されます。ここをチェックしましょう。もし水抜き栓から水が出ており、お湯が正常に使える状態であれば、特に問題はありません。

・配管接続部・給湯器本体から水が漏れていないかチェックする
給湯器のコンセントを抜いたまま、給水元栓も閉め太状態で、配管の接続部分や給湯器本体から水が漏れている場合は要注意です。この場合は、配管や本体内部の部品の劣化・破損・故障である可能性が高くなります。業者に連絡し、給湯器の部品交換か給湯器自体を交換する作業が必要になります。

給湯器修理の相場は?

給湯器の配管や本体の修理が必要と判断されたとき、気になるのは修理代や交換費用です。気になる給湯器の修理・交換費用の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

業者や地域、水道管や建物の状況にもよりますが、修理の基本料金は6000~7000円程度、給湯器交換の設置費用も含めた費用は20000~30000円程度です。もちろん、故障状況やアパート・マンションの配管の状況によっても変動しますので、まずは水回りのプロに見積もりを依頼してください。

給湯器の水漏れ・交換、修理費のご相談はしずおか水道職人へ

しずおか水道職人は浜松市、静岡市、富士市、沼津市、磐田市といった静岡県の広範囲にネットワークを持っています。トイレのトラブルをはじめ、洗面所やキッチン、浴室などの水回り全般に対応可能です。自力での給湯器の水漏れ修理ができない・原因が分からない・費用の見積もりのご相談はプロにお任せください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315