【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » キッチンの水漏れ点検、チェックするべき事と対処法

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水漏れ点検、チェックするべき事と対処法

2021年08月28日 キッチンの水漏れ


キッチンの水漏れは衛生的に要注意

食材を調理し料理を作るキッチンの衛生状況は、人間の体調に直接影響していきます。そのため常日頃からシンクの中をきれいに保ち、調理道具もしっかりと消毒しているという方も多いでしょう。

しかし水漏れが発生すると、気付かないうちにキッチン周辺が不衛生な状況になっている可能性があります。キッチン周りのお手入れの一環として定期的に水漏れ点検を行い、清潔な環境を維持しましょう。

キッチンの水漏れで発生する問題

水漏れは単に床や壁が濡れるというだけでなく、いくつもの深刻な問題を引き起こします。金銭的なもの、衛生的なもの、自分の家だけで収まらないものなどがあるので、水漏れは早期の発見が重要です。

・水道料金が増える
給水部から水漏れが派生している場合、余分な水が流れて水道料金の負担額が増加します。わずかな水漏れでも長期間継続すると無視できない差になってくるので、水をまったく使っていない状態で水道メーターが回っている場合はすぐに確認を行いましょう。

・衛生環境の悪化
キッチン周辺で水漏れが起こると、黒カビや雑菌の繁殖が起こりやすくなります。特にシンク下の収納棚など見えづらい場所にある配管からの水漏れは、黒カビが大きく広がるまで気付くのが遅れるというケースもあるのです。

また、キッチン周辺に水気がある状態はコバエを始めとする虫の発生にも影響を与えます。排水管からの水漏れはそれ自体が汚れている可能性もあるので、早期の対策が必要です。他にも水漏れにより悪臭が発生する場合もあるので、もしキッチン周辺の臭いに違和感を抱いたら水漏れを疑いチェックしてみましょう。

・建材の劣化や階下への影響
水漏れが長く続くと、キッチン周辺だけでなく床板や他の建材の劣化を引き起こす可能性もあります。また、一戸建ての場合とは違いアパートやマンションといった賃貸の集合住宅では、その影響が階下や共用部の設備にも及ぶことがあるのです。

階下や共用部に水漏れが及んだ場合、設備の修理費や天井の補修、壁紙の張替えといった多額の費用がかかる事態になってしまいます。加入している保険によっては補償を受けられますが、可能な限りそういった事態を避けるように水漏れの確認は小まめに行いましょう。

水漏れを発見した際にチェックするべきことと応急処置

キッチン周りに水漏れを発見した場合、最初に確認しておくべき事とすぐにできる応急処置の方法を紹介します。自分で修理を行う場合はもちろん、専門業者に依頼する場合でもこれらの事を確認しておくといいでしょう。

・止水栓や元栓を閉める、キッチンに水を流さない
蛇口や給水管から水漏れが止まらない場合は、まず止水栓や元栓を閉めて水の流れを止める事が重要です。排水部からの水漏れが止まらない場合は、キッチンに水を流さないことで被害を防ぐことが可能です。

どうしてもキッチンを使用しなくてはいけない場合は、水漏れが発生している場所の近くにタオルやバケツを用意することで応急の対処は可能です。ただし、キッチンが使えるからと言って水漏れを放置してはいけません。そのままだとより重大な破損や部品の劣化につながる危険性があるので、早急に対処を行ってください。

・水漏れが発生している場所を特定する
まずは水漏れがどこで発生しているのかを正確に特定する必要があります。一度乾いたタオルなどで水気を拭き取ってから少しずつ水を流し、どこから水が漏れているか確認しましょう。この際、目視では判断が難しいので素手で触って確認を行います。

蛇口から水が漏れているという場合でも、それがハンドルやレバー部分なのか、壁との接続部なのか、吐水口からポタポタ垂れているのかで修理の方法や見積金額も変わってくるのです。キッチン下の配管部も同様に具体的にどこから水が漏れているのかを把握し、業者に依頼する際もその場所を伝えることでスムーズに話が進みます。

・ナットを締め直す
ナットの緩みが水漏れの原因となるケースは少なくありません。ナットは大きな衝撃が加わらなくても自然に緩んでしまう場合があります。配管や部品の接続部で水漏れが発生していたら、一度ナットを締め直しましょう。ナットを締め直して水漏れが止まったらしばらく確認を続け、もしまた緩むようであればナット自体の交換が必要です。

個別の水漏れの対処法

キッチンの水漏れは専門業者に頼まなくても、自分で修理が可能な場合があります。ここからは水漏れが起こっている場所ごとに対処法を紹介します。

・蛇口からの水漏れ
蛇口から水漏れが起こる原因の多くは、蛇口内部に存在するパッキンや部品の劣化です。吐水口から水が流れ続ける場合はケレップの交換を行い、ハンドルからの水が漏れる場合には水栓上部パッキンの交換を行いましょう。長く伸びるパイプの根本から水漏れしている場合も同様にパッキンの交換を行います。

壁と蛇口の間から水が漏れている場合は一度蛇口を取り外し、ネジ部分にシールテープを巻くことで対策が可能です。レバータイプの蛇口は少し仕様が違い、カートリッジという部品が使われています。カートリッジの交換自体はそこまで難しくはありませんがパッキンよりも値段が高いので、原因の特定が難しい場合は専門業者に調査を依頼すると良いでしょう。

・排水トラップやホースからの水漏れ
シンク排水口の真下にある円筒状の設備を排水トラップといい、ここから水が漏れている場合があります。パッキンの劣化が主な原因となるので、キッチン下からナットを外し、次にシンク側から排水口の上部とパッキンを取り外しましょう。

トラップに汚れがたまっていると水漏れの原因となるので、この際に汚れやゴミを取り除いておくことも重要です。接続部でなくホース本体から水が漏れている場合は、テープによる修理か交換を行います。

修理する場合はホース用のテープが販売されているので、強く広い範囲に巻き付けて水漏れの原因となる亀裂や破損をふさぎましょう。破損が大きい場合や複数ある場合はテープで修理しても再度水漏れが発生する可能性が高いので、交換をおすすめします。

・排水ホースと床の排水管の接続部からの水漏れ
排水ホースが排水管からズレている場合も水漏れが発生します。ホースを正確な位置に戻し、防臭ゴムの交換、排水プレートの設置といった対処を行います。また、排水管の詰まりによって水が逆流しているの可能性もあるので、パイプクリーナーやラバーカップを用いて詰まりの解消を試してみましょう。

もしそれでも水漏れが止まらない場合は地下排水管が破損している可能性があります。大掛かりな作業が必要になるので、管理会社や専門業者に調査を依頼しましょう。

キッチンの水漏れでお困りならしずおか水道職人に連絡を

キッチンの水漏れでお悩みの際はぜひしずおか水道職人にご連絡ください。しずおか水道職人は水道工事のプロフェッショナルとして浜松市、沼津市、藤枝市、焼津市、富士宮市、掛川市、駿東郡長泉町・清水町・小山町など静岡県全域の水回りで発生したトラブルを解決してきました。キッチンの水漏れや悪臭など水回りのトラブルでお困りの際はしずおか水道職人にお電話ください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315