【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 近年トラブル増加中!水道管が凍結した際の対処法について学ぼう

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

近年トラブル増加中!水道管が凍結した際の対処法について学ぼう

2021年12月10日 水道トラブル

氷点下まで下がる日が続くと起こりやすい水道管の凍結。実は気温だけが凍結の原因ではありません。

気温のほかには、自然現象や水道管がある環境も凍結につながる要因とされており、凍結した際にとるべき対処法があります。

ここでは水道管が凍結してしまう条件と対処法に加え、凍結によって水道管が破裂した場合の対処方法も解説します。

水道管が凍結?原因を探ろう!


水道管が完全に凍結する気温は、一般的にマイナス4度といわれています。マイナス3度では黄色信号ですが、水が凍ってしまうと対応策が限られる可能性が出てきます。氷が張り始めるのは0度のため、氷点下の寒い日は十分な警戒が必要です。

水道管の凍結に気温は大きく関係していることが分かりました。しかし、水道管や蛇口が外にある家や、風が強く吹きつける場所に水道管が設置されていると、気温以上に水道管への影響が強く、凍結してしまう可能性が高まります。特に外でも陽が当たらない場所は、凍結を引き起こしやすい傾向です。

人間には「体感温度」があり、風が強い日は気温以上に寒いと感じます。水道管も人間と同じように繊細なため、気温以上に低い温度だと感知し、影響を受けている場合があるのです。「雪が降っていないから大丈夫」と決めつけてはいけません。

低い気温によって起こる水道管の凍結は、水道管に水が入っていることで発生します。水道を凍結させないためには、凍ってしまう前に水道管内の水を抜く作業が求められます。

水抜きの方法にはボタンを押すだけで水道管の水抜きができる「電動式水抜き栓」と、水抜き栓を閉め、水道の蛇口を回して水を出す手順を踏む「ハンドル式水抜き栓」といった2つの種類があります。

電動式水抜き栓は住宅内に操作盤が設置されており、説明書の手順通り進めれば簡単に水を抜くことが可能です。

ハンドル式水抜き栓は屋外に設置されていて、蛇口と水抜き栓いずれも回す作業が必要です。少々力仕事のため、若い男性に手伝ってもらうとよいでしょう。

水抜き栓の種類によって設置場所や操作方法が異なるため、自宅に備え付けられている種類はきちんと確認してくださいね。

水道管が凍結した際の対処法とは?


注意していたにもかかわらず、水道管が凍結してしまった際にとるべき対処法を紹介します。

凍結に気付いた時点で、もう蛇口をひねってはいけません。凍結した蛇口を力任せにひねるとより大変な状況になるでしょう。凍結した水道のゴムパッキンは脆く、破損の可能性が高くなっています。破損してしまうと水漏れなどの二次被害につながるので、触れないようにしてください。

凍結には温めることが効果的です。凍結を解消する策として、タオルをかぶせてぬるま湯をかける方法をおすすめします。この方法を試す場合、お湯の温度が最大のポイントです。熱湯だと凍結するほどに冷えている水道管が極端な温度変化に耐えきれずに破裂することがあります。非常に危険なので、徐々に作業を進め、丁寧に解凍作業を行いましょう。

凍結が部分的に起きている場合はカイロをはじめとする保温材を使ってください。タオルやハンカチを間接的にあてることで、水道管の破損を防ぎます。保温剤がないときはドライヤーを代用しましょう。

急ぎで水道を使用する必要がないときは、とけるまで放置しておく方法もあります。早朝や夕方以降だと気温が低いためなかなかとけませんが、天気のよい日であればお昼にはとけているかもしれません。

水道管が破裂してしまった際の対処法


気温の低下も水道管が凍結した要因である場合、凍結だけにとどまらず、水道管が破裂してしまうケースも考えられます。焦って誤った対処法を行ってしまうと、事態は深刻化することもあるため慎重に対応しましょう。

水道管の破裂で真っ先に行うべき対処法は、タオルやテープで破損部分をつなぐ応急措置です。マンションやアパートといった集合住宅に住んでいる方は近隣の部屋にも被害を及ぼす可能性もあるため、迅速な事態の鎮静化に努めてください。

万が一水道管が破裂してしまったときは、早めに専門業者へ相談すると確実に解決できます。修理費用は水道管が屋内にあるタイプで2万円からが相場です。屋根裏や壁のなかなど、特殊な場所への修理依頼は高額な費用を求められるため注意しましょう。

水道管が破裂したことによって水が大量に出てしまい、水道料金が高騰する場合があります。もしかしたら減免措置をしてもらえる可能性があるため、事前に相談できると安心です。

まとめ


水道管が凍結する主な原因には気温が挙げられることはもちろん、強風などの自然現象も凍結を引き起こすことがあります。屋外や日陰といった設置場所もよい条件とはいえません。

水道管が凍結した際には、然るべき対処法を行いましょう。自分ではどうにもできない状況になってしまったら、無理に対応せず、専門業者への相談も選択肢に入れてみてくださいね。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315