静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » そのまま流したらダメ! 油や洗剤を安全に捨てる方法

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

そのまま流したらダメ! 油や洗剤を安全に捨てる方法

2019年07月30日 水のトラブル
5
油や洗剤など、排水口に直接流してしまうと配水管の詰まりや損傷の原因になってしまうものがあります。注意すべきものとそれぞれの安全な捨て方を知り、配水管トラブルを防ぎましょう。油や洗剤の安全な捨て方や、意外と知られていない「直接排水口に流さない方がいいもの」をいくつかご紹介します。


油の捨て方

油は冷えると固まり、金属に吸着したり油同士で吸着し合ったりする性質があるため、直接排水口に捨てると水質汚濁や配水管の詰まりの原因になります。ここでは可燃ごみとして捨てる方法をご紹介しますが、自治体によっては廃食用油の回収を行っている場合もあります。自治体の廃油回収方法を確認してみてください。

・紙パックを利用する
空いた紙パックの中に新聞紙や不要な布などを詰めておき、完全に冷ました油を注ぎます。気温の高い季節などは自然発火の恐れがあるため、水も注いでおきましょう。紙パックの口を粘着テープでしっかり留めて、燃えるごみとして捨てます。

・ポリ袋やレジ袋を利用する
漏れ防止のために二重にした袋の中に新聞紙や不要な布などを入れ、完全に冷ました油を注ぎます。一緒に水も染み込ませておくことで自然発火を防止することができます。袋の口をしっかり結び、燃えるごみとして捨てましょう。

・油凝固剤を利用する
市販の油凝固剤の使用方法にしたがって油を固め、燃えるごみとして捨てます。説明書や使用上の注意をよく読んでから行ってください。


洗剤類の捨て方

肌に合わない、匂いが受けつけないなどの理由で洗剤が残ってしまった場合の処理方法をご紹介します。自治体によって捨て方が異なる可能性があるため、確認してから捨てるようにしましょう。

・洗剤・柔軟剤
多くの自治体では燃えるごみとして処理することが一般的なようです。粉末や固形のタイプはそのままで、液体タイプは新聞紙や不要な布に染み込ませて燃えるごみとして捨てましょう。また、水で薄めて排水口に流しても問題ありません。

・塩素系漂白剤
洗剤同様、自治体によっては燃えるごみとして処分できることが多いようです。ただし、酸性のものと混ざると有毒ガスが発生してしまうため、酸素系洗剤と一緒に捨てるのは絶対にやめましょう。水で薄めて排水口に流すこともできますが、原液のまま流してしまうと配水管損傷の恐れがあるため危険です。


捨て方に気をつけたい食品や日用品

油や洗剤以外にも、排水口に直接捨てることで配水管や環境に悪影響を及ぼすものがいくつかあります。少しなら大丈夫、という気持ちで流し続けてしまうとトラブルになってしまうこともあるため注意しましょう。

・食品の油
缶詰のツナやアンチョビなどの油漬け食品の油や鍋にこびりついたカレールーなど、含まれる油の量は少量でも流し続けることでトラブルになる可能性があります。食品の油はゴミなどを吸着しながら配水管の内側に蓄積してしまうため、長い年月をかけてパイプを詰まらせてしまうことがあります。食品に含まれる油や食器に残った油は、できるだけ新聞紙や布などでよく拭き取り、燃えるごみとして捨てるようにしましょう。

・熱湯
麺類のゆで汁や、カップ焼きそばを作る際に捨てるお湯を排水口に流す際も注意が必要です。キッチンの配水パイプには一般的に塩化ビニル樹脂などが使用されていますが、塩化ビニル樹脂は62℃~72℃で軟化します。そのため、熱湯を直接排水口に流すことで配水管が変形したり破損したりしてしまう可能性があるのです。熱湯を流す際は、一緒に水道の水を流すか、一度鍋やボウルに受けて冷ますなどしてお湯の温度を下げてから流すようにしましょう。

・小麦粉
小麦粉は水と混ざることで強力な接着剤のように固くなる性質があります。排水口に流してしまうと配水管の内側に固着。詰まりの元凶となるのです。調理中に散らばってしまった小麦粉は掃き掃除するか、濡らした紙でよく拭き取り燃えるごみとして処理しましょう。

・ペンキやニス
ペンキやニスを使用した後のローラーや刷毛を浴室などで洗い流すと、配水管詰まりの原因に。さらには有害物質が含まれているため、環境汚染を引き起こすこともあります。DIYが流行していますが、油性塗料などの処理方法はしっかり守るようにしましょう。油性塗料はしっかり新聞紙などで拭き取り、塗料に合わせたペイント薄め液ですすいでから洗剤で洗うようにしてください。ペイント薄め液は繰り返し使用できますが、処理する際は不要の布などに含ませて、風通しのいい場所で乾かしてから燃えるごみとして捨てましょう。


まとめ

排水口に流すことで、配水管や環境に悪影響を及ぼすものはたくさんあります。油や洗剤はできるだけ燃えるごみとして捨てたり、日ごろからこまめな掃除をしたりすることで配水管の詰まり防止や環境を守ることにもつながります。貴重な資源である水をきれいなまま後世に残すためにも、正しい処理方法を守りましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315