【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレの構造を解説! つまりやすいのはどこ?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの構造を解説! つまりやすいのはどこ?

2019年04月26日 つまりのトラブル
1
ひとつのトイレでも、つまりやすさは同じではありません。つまる可能性が高い場所やつまりの原因を理解しておけば、トイレをつまらせず快適に使うのに役立つでしょう。そこで今回はつまりやすい場所についてトイレの基本構造をふまえてご説明し、その代表的な原因やつまりの症状もご紹介します。


トイレの構造はどうなっている?

一般的にトイレは、完全には水が流れない構造になっています。そのなかで、つまりやすい場所は「せき」という部分です。

・トイレの基本構造
トイレは、常に便器の底に水がたまっています。この水たまりは、「封水」と呼ばれる一種のトラップです。封水があることで外からの害虫の侵入を阻み、排水管の汚れが発する悪臭も逆流してきません。常に一定量の封水を保つため、便器は断面でみるとお椀のような形状になっています。トイレを使って流した水は、まっすぐ排水管には進みません。トイレタンクの下あたりで、一度、お椀の縁を通過してから排水管に向かって落下します。お椀の縁あたりの水の通路が、一般的に「せき」と呼ばれる場所です。

・「せき」は異物がつまりやすい
「せき」は、とくに異物がつまりやすい特徴を持っています。トイレで水を流したとき、それまで便器の底にたまっていた封水はお椀の縁を乗り越えなければならないためです。封水は、縁の部分に向かって斜面をせり上がるうちに自然と勢いが弱まっていきます。封水に異物が落ちた場合、トイレを流しても水に十分な勢いがなければ「せき」の周辺で異物の動きは止まります。そのため、「せき」はトイレのなかでもっともつまりやすい場所といわれるのです。


トイレをつまらせるもの

トイレをつまらせる代表的な原因は、大量のトイレットペーパーとティッシュペーパー、固形物、食べものです。

・トイレットペーパーやティッシュを大量に流すと・・・
トイレットペーパーは水溶性ですが、大量に流すのは好ましくありません。トイレットペーパーの密度が高くなり、水に溶けにくくなるためです。丸めた状態で流した場合もつまりやすくなるので、注意が必要です。ティッシュペーパーは、一見するとトイレットペーパーに似ていますが材質が違います。水に1時間ほど浸しても、原形をとどめています。トイレに流してもなかなか溶けず、つまりの原因になるのです。

・固形物は流れにくい
そもそも固形物は水に流れにくいので、トイレに落とすと厄介です。ある程度の大きさがあるスマホなどは、排水管をふさいで水の流れを止めるかもしれません。ペットボトルのキャップやおもちゃのパーツといった小物も、排水管のどこかに引っ掛かりトイレをつまらせる可能性があります。排水管の奥まで流れたら簡単には取り出せないので、便器や配管を取り外すことにもなります。

・食べ物もつまりやすい
食べ物も、トイレにつまりやすい異物のひとつです。細かい食材や残り汁でも、たくさん流せばつまりの原因になります。とくに問題となるのが、油分の多いものです。油は、水に流しても溶けず排水管の内側に付着します。その油が固まったところに新たな油分が流れてきたら、油の塊は大きくなる一方です。水が通れる範囲は狭くなり、やがてトイレはつまってしまいます。

こんな事態を避けるためには、基本的にトイレットペーパー以外をトイレに流してはいけません。


トイレがつまるとどんな症状が起こる?

トイレがつまると、さまざまな症状が起こります。症状によっては、つまりの原因が分かることも少なくありません。

・水が徐々に引いていく
便器の底にたまった水が徐々に引いていく症状がみられた場合、つまりの主な原因は大量のトイレットペーパー、紙類、排泄物や尿石です。これらは水の通路を完全には封鎖しないため便器にたまった水はすき間から少しずつ流れ、時間が経てば便器内の水位は低くなります。とはいえ必要以上に封水がたまればトイレは使いにくくなるので、何らかの対処が欠かせません。あまり重症でなければ、お湯や重曹を使うとトイレットペーパーや尿石の汚れが取り除きやすくなります。

・水が逆流
水が逆流し「ゴボッ」と音が聞こえた場合、症状はやや重いと考えられます。このケースを引き起こす代表的な原因は、トイレに流せる商品類(お掃除シートや猫砂)、大量の紙類や排泄物です。とくに水分を吸収するタイプの猫砂は、トイレの水を吸って膨張している可能性があります。この場合、塩をまくと猫砂の水分を減らすのに効果的です。便器内の水をできるだけ取り除いてから塩を流し、1時間ほど待ってから再び水を流してみてください。症状が改善していれば、あとはラバーカップで解決できるでしょう。

・水が流れない
まったく水が流れず便器からあふれる状態なら、かなり重症です。主な原因としては、「大量のトイレットペーパーが固まって動かない」「きちんと流れなかったものが次々に蓄積した」「固形物が水の通路を完全にふさいだ」といったケースが挙げられます。ここまで事態が悪化すると、お湯や重曹を流すくらいでは簡単に解決しません。ラバーカップでも効果がなければ、専門業者に修理を依頼してください。


まとめ

トイレは、トイレットペーパー以外のものを流すとつまりやすくなります。水に流せる商品や液体の油分も、トイレをつまらせる原因のひとつです。トイレには安易に異物を流さず、つまったときは症状や原因に合わせて適切に対処してください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315