静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレのつまりをお湯で解決! ただし熱湯はNG!

静岡 地元密着、おかげ様で19年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりをお湯で解決! ただし熱湯はNG!

2019年11月07日 つまりのトラブル
3
トイレがつまったとき、すぐ専用アイテムを用意できるとは限りません。そんなとき、頼りになるのがお湯です。お湯による改善方法を覚えておけば、慌ててホームセンターに行かなくて済むでしょう。そこで今回はトイレつまりの主な原因をふまえたうえで、お湯によるトラブル解消法やNG行為をご紹介します。

「いろんな手を尽くしたけど、トイレのつまりが改善しない」そんなときは、富士市など静岡県域で幅広く水道修理サービスを営むしずおか水道職人にお任せください。


トイレつまりの原因

トイレがつまる主な原因は、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、流せるお掃除シート、おむつ、ペットのトイレ砂、スマホ、子どもの玩具などです。

・水溶性でも流す量には注意
トイレットペーパーがトイレつまりの原因になる場合、たくさん流しているケースが多く見られます。水溶性ですが、すぐに溶けて細かくなるわけではありません。便器の排水パイプは決して広いわけではなく、一度に大量のトイレットペーパーを流し込むと通路のスペースが足りずつまります。水に溶けるタイプのお掃除シートも、安易に流すと同様の結果を招きます。

・ティッシュペーパーは水に溶けない
ティッシュペーパーはトイレットペーパーに比べると繊維のほぐれにくい構造になっており、水に溶けません。コップの水に入れた場合、時間の経過とともに細かく崩れても消えずに残ります。少量であっても排水管内のゴミや汚れに引っかかり蓄積すれば、水の流れを悪くする恐れがあります。見た目はトイレットペーパーに似ていますが、トイレに流してはいけません。

・おむつは吸水すると膨らむので厄介
おむつは、水に溶けないどころか吸水すると膨らみます。最近の紙おむつに使われている吸水性ポリマーは、高い吸水性を発揮することで知られています。排水管に引っかかると、そのままの大きさを保ってくれません。トイレを流すたびに排水を吸い込み、容積を増していきます。時間が経つほど排水管を狭めるうえ取り出しにくくなるので、トイレに流すと非常に厄介です。


お湯で改善する方法

トイレットペーパーや流せるお掃除シートなど水溶性のものがトイレにつまった場合、重症化していなければお湯で改善できる可能性があります。

・お湯の温度は40~60度
使用するお湯は、40~60度が適温といわれています。鍋で沸かすときには水が泡立ちはじめるか湯気が出てくるくらい、ヤカンも湯気がのぼる程度までで十分です。別の用事を済ませている最中にお湯が煮立ってしまっても、慌てる必要はありません。温度が高くなり過ぎたときには、水を足せば調整できます。作業中は、くれぐれも熱湯で火傷しないように気をつけてください。

・事前準備
作業前には、必ずトイレの止水栓を閉めておきましょう。うっかりタンクレバーに手をぶつけ水を流すと、便器から汚水があふれるかもしれません。便器内に残っている水も、できるだけ取り除いてください。せっかく沸かしたお湯も、温度が下がると効果が薄まります。便器の水は、灯油用ポンプを使うとバケツに送り出せます。水量が少なくなったら、新聞紙や雑巾で吸い取りましょう。

・ぬるま湯の流し方
ぬるま湯は、少し高めの位置から投入してください。できるだけ、排水口をピンポイントで狙います。イメージするなら、細い滝です。その後は、1時間くらい放置します。しばらく待つと、水溶性のものはお湯にふやけて流れやすくなります。何回か繰り返し、最後にバケツでゆっくり水を流してみてください。いつも通りに排水できれば、作業終了です。重曹やお酢を混ぜて使えば、さらに効果は高まります。

陶器を損壊する熱湯はNG
熱湯は、陶器を損壊する恐れがあるため使用厳禁です。お湯の温度が高いほどトイレットペーパーを速く溶かせると思っても、便器にかけないでください。

・便器は熱湯に弱い陶器
陶器にも、いろいろな種類があります。お湯呑みや洗面台は、お湯の使用を前提につくられています。熱いお茶を入れても蛇口から熱湯を出しても、割れる心配はありません。

便器は、これらの陶器と異なります。トイレの使用後にお湯を流すことは、前提として考えられていません。耐熱処理を施されていないので、熱湯をかけるとヒートショックで破損するリスクがあります。

・ヒートショックとは
ヒートショックとは、温度差により生じる衝撃です。グラスに入れた氷に普通の水をかけた場合、温度差が大きければ割れることがあります。

便器もグラスの氷と同様であり、使用するお湯との温度差によってはヒートショックを起こす可能性があります。かなり気温の下がる場所にトイレが設置してあれば、熱湯ほど高温でなくても多少のダメージを受けるかもしれません。

いずれにしても、便器に熱湯はNGです。なかなか症状が改善しなくても、決して使ってはいけません。寒さの厳しくなる時期などには、ぬるま湯を使うときも温度差に問題がないか十分に気をつけてください。


まとめ

トイレは、大量のトイレットペーパーや流せるお掃除シートでつまります。つまりの原因が水に溶けるものなら、お湯だけで問題を解決できるかもしれません。便器は耐熱性の陶器ではないので、トイレに流すなら40~60度くらいのぬるま湯が妥当です。ヒートショックを起こす危険性の高い熱湯は、使用を控えてください。つまりが軽症であれば、便器への負担がないお湯を注いで大きな手間をかけずに解消しましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315