【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » よくあるウォシュレットのトラブルは?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

よくあるウォシュレットのトラブルは?

2019年04月26日 水のトラブル
3
ウォシュレットを使っていると、いろいろなトラブルが発生します。きちんと動かなくなれば何かと不便になるので、「すぐに修理しなければ」と思う人も少なくないでしょう。しかし、焦る必要はありません。原因によっては、簡単に対処できます。今回はウォシュレットによく起こりがちなトラブル例とその原因・対策方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


ウォシュレットのノズルから水が出ない

ウォシュレットのノズルから水が出なくても、器具の故障とは限りません。修理を始める前に、いろいろ原因を確かめる必要があります。

・水が出なくなる各種の原因
ウォシュレットの水が出なくなる主な原因は、断水、水道の元栓が閉められたまま、フィルターのつまり、ノズルの汚れ、水圧の低下、水道管の凍結です。工事による断水はもちろん、水道栓が閉まっていても水は出ません。これらが原因でなければ、ほかの可能性も疑ってみる必要があります。ウォシュレットのフィルターは器具本体と給水ホースの接続部にあり、汚れがつまると水の流れは悪くなります。ノズル部分が汚れている場合も、同様です。水圧の低下は寒い日に起こり、ウォシュレットの稼働を続けるうちに水の勢いが弱まることもあります。水道管が凍結すれば水が流れず、ノズルからも出てきません。

・自分でできる対処法
フィルターやノズルのつまりは、掃除するだけで解決する可能性があります。フィルターの掃除にはいくつか手順があり、まず作業前に止水栓を閉めます。マイナスドライバーを使って、止水栓を右に回してください。次に、フィルターのふたを外します。今度は、閉めるときとは逆に左回しです。フィルターを取り外したら、なかのゴミをきれいに取り除きましょう。細かいところの掃除では歯ブラシがあると便利です。一通り掃除が済んだらフィルターを元に戻します。つけ方が悪いと水漏れにつながるので気をつけてください。最後に止水栓を開けて、問題なければ作業完了です。


ウォシュレットの水が冷たいまま

ウォシュレットの温水にならない場合、最初に温度設定を確認してください。きちんと設定されていても水が冷たいままなら、別の原因を探ります。

・貯蓄式の場合
ウォシュレットは、温水の供給方法によって大きく「貯蓄式」と「瞬間式」のふたつに分かれます。瞬間式は使用時にお湯を沸かしますが、貯蓄式は便器に内蔵されたタンクのなかに水をためておきヒーターで温めるタイプです。一度に大量の温水をノズルから出すと、お湯の温度を保てなくなる場合があります。さらにタンク内に貯蓄した温水が尽きると、温度設定を調節してもノズルからは水しか出ません。タンク内の温水を使い切ってしまったら、再び貯蓄されるまで待つことになります。十分に温水がたまったら、元通りに使えます。お湯の使い切りが原因であれば、とくに修理は必要ありません。

・故障している場合
ウォシュレットの故障によりノズルから温水が出ないときには、修理や買い替えが必要です。電気製品の修理には専門的な知識・技術が必要であり、感電する危険もあるので一般の人にとっては簡単ではありません。故障が疑われる場合には、専門業者に相談するのが確実です。馴染みの修理店が見つかっていないと、業者選びには悩まされるかもしれません。そんなときは、「あらかじめ見積もりを用意してくれるか」「いつでも迅速に対応可能か」「実績はあるか」といった点が判断基準として有効です。しずおか水道職人はいずれの条件も満たしているので、ぜひご活用ください。


ウォシュレットの便座が温まらない

ウォシュレットの便座がいつまでも温まらないケースでは、器具の設定、センサーの汚れ、トイレの利用時間が主な原因として挙げられます。

・各種設定の確認ポイント
ウォシュレットの設定に関しては、便座の温度設定と器具本体の節電設定を確認しましょう。温度設定がOFFになっていれば、どれだけ時間をかけても便座は冷たいままです。節電設定がONになっている場合、トイレを使っていない間には便座のヒーターが稼働しなくなることもあります。どちらか一方でも当てはまると、便座は十分に温まりません。まずは、ウォシュレットの設定に問題がないか見直してください。

・センサーの汚れ
ウォシュレットは、通常、便器のふたと便座の間に着座センサーが装備されています。トイレの利用者が便座に座ると着座センサーが感知し、自動的に便座が温まるわけです。センサーがひどく汚れていたら、感知能力が低下しても不思議ではありません。センサーの反応は鈍り、便座は温まらなくなります。正常に機能させるためには、センサーの汚れを落とさなければいけません。

・トイレの利用時間
トイレの利用時間が一定の長さを超えると、着座センサーは安全装置を作動させる場合があります。ウォシュレットのヒーターは切れ、便座は温かさを保てず冷えていきます。そのまま座り続けても、状況は変わりません。そんなときは、少しだけ便座から離れてみてください。改めて座り直すと、再びセンサーが着座を感知してヒーターが動き始めます。


まとめ

ウォシュレットは電気製品のため、メンテナンス不足で調子が悪くなることもあります。不具合の内容によって、原因はさまざまです。必ずしも、修理が必要とは限りません。何か異変が生じたときは慌てずに、まずトラブルが起きた原因を探って状況に合わせた対策を心がけましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315