静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トラブル注意! ウォシュレットの使い方

静岡 地元密着、おかげ様で19年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トラブル注意! ウォシュレットの使い方

2019年11月07日 トイレのトラブル
1
いまでは、一般家庭に普及しているウォシュレット。使い方によってはトラブルにつながるため、注意を促されています。機器の故障だけでなく、健康面の問題も見過ごせません。以下にご紹介するウォシュレットのよくあるトラブル、正しい使い方、間違った使い方を参考に、健康を損なわないように留意しながらウォシュレットをお使いください。

静岡市などで水道修理サービス業を展開する弊社では、ウォシュレットに関するトラブル相談をいつでもお受けしております。


ウォシュレットのよくあるトラブルとは?

ウォシュレットのよくあるトラブルは、「ウォシュレットから水漏れする」や「ノズルから水が出ない」といったケースです。

・ウォシュレットから水漏れ
ウォシュレットから水漏れする場合、主な発生場所としてノズル、給水管や分岐金具、水抜き栓が挙げられます。ノズルからであれば、ノズルやウォシュレットのパッキン劣化、ウォシュレット内部の電磁弁の汚れが考えられます。トラブル解決には、パッキン交換や電磁弁の修復が必要です。

給水管や分岐金具からの水漏れなら、ナットの緩みが疑われます。モンキーレンチでナットを締め直し、水漏れが止まるか確認してください。症状が改善しなければ給水管内部のパッキンを点検し、劣化していたら交換です。水抜き栓は、給水フィルターの劣化により水漏れする場合があります。古くなったフィルターは、取り替えましょう。

・ノズルから水が出ない
ノズルから水が出ないときには、まず水道の元栓や止水栓が閉まっていないか確認してください。以前に水回りを修理した際、元栓を開き忘れている可能性があります。地域全体で断水していないかも、確認しておくとよいでしょう。

これらが当てはまらない場合、多く見られる原因がフィルターのつまりです。ウォシュレット本体と給水ホースの接続部にはフィルターがあり、汚れが蓄積すると水の流れを悪くします。ノズル本体も、汚れていると水が出にくくなります。いずれもゴミや異物がたまっていたら、きれいに掃除してください。


ウォシュレットは正しく使う!

ウォシュレットのトラブルを回避するには、使用方法にも配慮が必要です。いつでも正しい使い方を心がけ、ウォシュレットへの負担を減らしましょう。

・洗浄時の水圧と洗浄時間
ウォシュレットを使用する目的は、お尻の洗浄と乾燥です。トイレットぺーパーでお尻を拭くと、排泄物をこすりつける場合があります。排泄物に含まれる化学物質のインド―ルやスカトールは皮膚の炎症を引き起こすので、拭き残しはあまり好ましくありません。排泄物はお湯に溶けやすいため、温水ならトイレットペーパーより高い洗浄力を見込めます。

洗浄時の水圧は、一番弱い設定で大丈夫です。強くしても、洗浄力は大きく変わらないといわれています。洗浄時間は、5~6秒くらいで問題ありません。お尻の周りを洗い流し、最後はお尻の水分を取り除きましょう。

・トイレットペーパーは節約しよう
トイレットペーパーは、できるだけ節約します。使用するタイミングは、ウォシュレットを動かす前と後です。

トイレで用を足したら、トイレットペーパーでお尻を拭き、ウォシュレットを使います。汚れをこすりつける不安があるなら、いきなりウォシュレット洗浄でもかまいません。温水の力で細かい汚れまで落とした後、お尻についた水分をトイレットペーパーで拭き取ります。

この流れでトイレットペーパーの使用量が少なくなれば、大量に流して便器をつまらせるリスクを減らせます。お尻を乾かすときウォシュレットの乾燥機能を使わずトイレットペーパーだけで済ませると、器具の負担軽減や電気代の節約にもつながるでしょう。


こんな使い方はNG!

ウォシュレットや身体への負担を考えると、以下の使い方はNGです。思い当たるケースがあれば、気をつけてください。

・水圧が強く設定
お尻の汚れをすべて落とそうと思い、ウォシュレットの水圧を必要以上に強く設定している人は少なくないかもしれません。水圧が強過ぎると、汚水が便器の周りに飛び散る恐れがあります。お尻はきれいになっても、トイレのなかは衛生的ではありません。強い水圧で洗うとお尻の皮脂を傷めることもあるので、注意しましょう。

・洗浄時間が長い
洗浄時間が長いと、身体にいろいろと悪影響を及ぼす可能性があります。肛門付近の粘液を洗い流してしまうケースは、よく指摘される問題のひとつです。場合によっては、お尻の肌荒れを招くともいわれています。さらに腸内まで水を入れると、大腸炎や直腸炎の原因になります。腸内の善玉菌を洗い流すリスクもあるので、長時間洗浄は控えてください。

・不必要にウォシュレットを使用
最近は、便意に関係なく不必要にウォシュレットを使用する人も増えています。トイレを済ませてから外出したいと考え、ウォシュレットでお尻を刺激する使い方です。これが習慣化すると、便が出にくい体質になると考えられています。自然なお通じを保つなら、ウォシュレットを無駄使いせず便意を感じてからトイレに向かうのがおすすめです。


まとめ

ウォシュレットは、さまざまな原因で水漏れやつまりトラブルに見舞われます。使い方を間違えると、機器に負担をかけるばかりでなく体調不良も招きます。正しい使い方は、快適なトイレ環境や健康的な排泄行為をもたらしてくれます。いつでもウォシュレットは大切に使い、できるだけ長持ちさせましょう。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315