静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレ止水栓からの水漏れ! 原因と修理方法

静岡 地元密着、おかげ様で19年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレ止水栓からの水漏れ! 原因と修理方法

2019年11月07日 トイレのトラブル
2
長いことトイレを使っていると、いつの間にか止水栓から水漏れすることがあります。便器回りが濡れていたら、気持ちよくトイレを使えません。トラブルに見舞われている場合、症状が悪化しないうちに問題の解決が望まれます。はやめに快適な生活を取り戻すための参考として、今回はトイレの止水栓から水漏れする主な原因や修理方法をご紹介します。


トイレ止水栓の水漏れ原因

トイレの止水栓が水漏れする原因は、主にパッキンの劣化です。給水管との接続部分でナットが緩んでいることや、止水栓自体が故障している場合もあります。

・パッキンの劣化
トイレの止水栓に使われているパッキンの種類は、コマパッキンです。コマのような形状の金属部品と、ゴム製パッキンが組み合わさっています。止水栓に限らず、通常、パッキンの耐用年数は10年ほどです。長く使っていれば、劣化は避けられません。

パッキンの劣化が進むと徐々に硬くなり、ゴムの弾力性は失われていきます。パッキンは本来の役割を果たせず、止水栓を閉めても水が漏れ出します。症状を改善するには、古くなった部品の交換が必要です。放置しておくと重症化しますので、最初は大した水漏れでなくてもはやめに対処しておくほうが安心です。

・ナットの緩みや止水栓自体の故障
ネジ類は、最初にしっかり締めていても何らかの衝撃で少しずつ緩む場合があります。トイレの止水栓も、例外ではありません。給水管とつながる部分でナットが緩んでいると、水漏れを招きます。締まり具合が甘ければ、調整しなければいけません。

パッキンに問題が見られずナットも緩んでいない場合、止水栓自体の故障が疑われます。金属製であっても、トイレで落としたものが強くぶつかり破損する可能性はあります。ヒビが入れば、水漏れしても不思議はありません。本体に何らかのトラブルがあったら、修理や部品交換が必要になります。


自分で修理する方法

止水栓のパッキン交換は、あまり難しい作業ではありません。工具の扱いなどに慣れているなら、自分でも対処できるでしょう。

・用意する道具と事前準備
パッキンの交換作業で用意する道具は、モンキーレンチとマイナスドライバーです。場合によっては、ウォーターポンププライヤーもあると楽に作業を進められます。周囲への水の飛び散りに備え、バケツやタオルも置いておくとよいでしょう。作業中は、安全性や衛生面を考えてゴム手袋を装着してください。

作業前には、まず水道の元栓を閉めます。トイレだけでなく家全体の給水が止まるので、炊事・洗濯や入浴に差し支えないタイミングで行ってください。

・パッキンの交換手順
水が流れないことを確認したら、作業開始です。最初にモンキーレンチで止水栓のキャップナットを取り除き、次にマイナスドライバーでパッキンのついたスピンドルを外します。スピンドルからコマパッキンを取り出し、古いパッキンを新しい部品に交換します。各部品を元通りに戻し、元栓を開いて水漏れしなければ作業完了です。

止水栓がハンドルタイプの場合、ハンドル中央のカラービスを回してハンドルを抜き取れば、後は上記の方法と大きく変わりません。ウォーターポンププライヤーを使うと、カラービスは簡単に回せます。給水管との接続部分にも、コマパッキンが使われています。こちらも、ナットを外せば劣化したパッキンを取り替えられます。


困ったときはしずおか水道職人に相談を

一見、簡単に思えるパッキン交換でも、ナットが動かず手間取ることがあります。止水栓自体の交換は、専門家でないと難しいかもしれません。困ったときは無理せず、しずおか水道職人にご相談ください。

・信頼と実績のしずおか水道職人
しずおか水道職人は、これまでに10万件以上の実績を残している会社です。浜松市はじめ、静岡の各地域で水回りのトラブル修理に対応してきました。

日頃から全スタッフが技術の向上に努めているので、専門知識・業務経験の豊かさやスキルの高さには自信があります。いつでも「お客様のため」を第一に考えており、信頼を裏切ることはありません。

地元密着型の経営スタイルも、大きな特徴のひとつです。各業務を担当するのは地元常駐のスタッフであり、緊急時にも素早く対応できます。電話受付は年中無休のため、お盆やお正月に突然のトラブルが起きても速やかに現場へ駆けつけます。

・見積り・キャンセルともに無料
各種のお問い合わせは、電話でお受けします。水回りトラブルに精通したスタッフが丁寧にお話を伺いますので、安心してご相談ください。修理の依頼があれば、30分~1時間のうちに現地へ急行します。

スタッフが到着しても、すぐには作業に着手しません。まず現状を確認し、無料でお見積りします。ご了承いただいたら、修理を開始します。納得できないときは、キャンセルいただいても無料です。料金への疑問や不安を残したままの修理にはなりませんので、安心して業務をお任せください。


まとめ

トイレの止水栓は、多くの場合にパッキンの劣化で水漏れします。パッキンは、10年くらい使えば寿命を迎えます。水漏れがひどくなくても、古いパッキンは交換しましょう。パッキン交換で解決しなければ、ナットの緩みや本体の状態もチェックしてください。作業が難しいときには、弊社がお引き受けします。何か不具合が見つかったら、遠慮せずご連絡ください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315