【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 最悪破裂も…。水道管の凍結で注意したいこと

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

最悪破裂も…。水道管の凍結で注意したいこと

2020年02月04日 水のトラブル
2
翌朝目を覚ますと、外の水道管が凍っていた・・・。冬にある水回りのトラブルとして多いのが、水道管の凍結です。水が出なくなって困ることはもちろん、破裂や損傷の原因にもなるため、凍結防止策をしっかり講じて安心して冬を過ごしましょう。こちらでは、水道管凍結の対処方法や防止対策についてご説明します。


水道管の凍結では破裂に注意!

水道管の破裂なんていうと物騒に聞こえるかもしれません。しかし、真冬など寒さが厳しくなるシーズンでは、凍結による水道管破裂のリスクが高まるため、あらかじめ対策を立てておくことが必要です。

水道管の凍結は、ある一定の条件がそろうことで起きやすくなります。その条件とは次のようなものです。

・マイナス4度以下の環境
・水道管が外に露出している
・水道管が陽当たりの悪い場所にある
・水道管が北向きの場所に設置されている

外に設置された給湯管の配管や散水栓、湯沸かし器の元栓などは、本格的な寒さが訪れる前に凍結防止対策を講じておきましょう。

・水道管が破裂したときの対処法
凍結した水道管に破裂や損傷が認められる場合、修理が必要です。その前に、自分でもできる応急処置を施しましょう。

まず、水道メーターボックス内の元栓を閉めます。少しでも開いていると水が吹き出す恐れもあるため、必ず全閉の状態を確認してください。その後、破損した箇所に布やテープをしっかりと巻き付けます。そのように応急処置を施したうえで、地元の専門業者に修繕をお願いしましょう。

マイナス4度を下回る日は、各家庭で水道管の凍結が多発し、業者の到着に時間がかかる事態も予想されます。そのため、むき出しの水道管にはあらかじめ凍結防止策を講じておくことが大切です。

凍結させないための対策
水道管が凍結して水回りが使えなくなると、いろいろな不便が生じます。寒波が予想される場合は、前日までに凍結防止のための準備を終わらせておきましょう。

水道管の凍結防止策は、地域の気候条件によって異なります。静岡県にお住まいの方は、以下の方法をお試しください。

1.露出した水道管に、市販の防寒材もしくは毛布、布切れなどをすき間なく巻いて保護する
2.その上からビニールシートを被せる
3.メーターボックス内に発泡スチロールなどの保温材を敷く

これらに加え、少量の水を出しておく方法もおすすめです。水は流れる状態をつくっておくと凍結しません。寝る前に蛇口を少しひねる程度で構いませんので、凍結防止の有効性を高めたいときはぜひお試しください。

・寒冷地の凍結防止対策は?
寒波がたびたび発生する寒冷地では、水抜きをして水道管の凍結を防ぐ方法が多用されます。あらかじめ水抜き栓が備わっている宅地も多く、その場合は水抜き栓を使って水道管を空の状態にしておきます。

また、「サーモスタット」と呼ばれる、ヒーターで水道管を温めるための装置を用いる家庭も目立ちます。露出した水道管にヒーターを巻き付け、その上から保温テープを巻いて保護します。マイナス4度以下の環境にも耐えられる頼もしい装置で、豪雪地帯や寒波の多い地域は特に欠かせません。


水道管が凍結したらどうする?

水道管が凍結して水が出なくなった場合、いつでも応急処置ができるように元栓を閉めましょう。雪が積もると水道メーターボックスの確認も難しくなるかもしれません。そのため、メーターボックスがどこにあるかあらかじめ特定しておくことをおすすめします。

凍結した水道管に対しては、時間がある場合はそのまま自然解凍するまで待つのが得策です。今すぐ解凍する必要がある場合は、タオルなどを巻いた状態から50℃程度のぬるま湯をゆっくり注ぎます。ただし、お湯をかける方法は水道管破裂の可能性を含む点に留意してください。

解凍方法としては他にも、ドライヤーの温風を当てる、暖房を入れる、カイロを凍結部分に当てるなどがあります。室内であれば、暖房やドライヤーなどで徐々に温めて解凍させる方法でも有効でしょう。

もっとも控えなければならないのは、急ぐあまり熱湯を注いでしまうことです。凍結した水道管は、ガラスコップのように熱に弱くなっています。お湯をかけるのであれば、必ず温度設定してから行ってください。

また、凍ってしまった蛇口を無理に回すと、破損の原因になります。水道管が凍結していれば蛇口を回しても水は出てきませんので、そのまま触らず水道修理業者が来るまで待ちましょう。


まとめ

真冬に注意したい水道管の凍結。マイナス4度以下になると、その確率が一段と上がります。寒波が予想される日の前日は、水道管に保温材を巻くなど保護する対策が必要です。万が一凍結してしまった場合、まずは破裂や破損がないか確認し、必要に応じて修繕をお願いしましょう。解凍方法としては自然解凍が一番ですが、お湯をかける方法を試すときは温度設定に注意し、くれぐれも熱湯を注ぐ真似だけは避けてください。

静岡県で水道管の凍結や破裂が起きた場合は、しずおか水道職人までご一報ください。浜松市など県内どこでも出張可能です。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315