静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » お湯が出ないのは凍結のせい?冬場は給湯配管の凍結に注意

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お湯が出ないのは凍結のせい?冬場は給湯配管の凍結に注意

2020年02月04日 水のトラブル
3
冬場に注意したい、給湯器凍結のトラブル。とくに配管は凍結しやすく、寒波襲来の報と同時に防寒対策が求められます。静岡県など、関東以西の比較的温暖な地域は、「水は出るけどお湯が沸かせない」といったトラブルが起きやすくなります。以下でご紹介する、給湯器の凍結を防ぐ方法や解凍の適切な方法などを参考にして、いつでも温かいお湯のある生活にしましょう。


むき出しの給湯配管は凍結しやすい

水はいつものように使えて、お湯だけ出ない。冬場にこの状態が確認される場合、給湯配管の様子を確認しましょう。ひょっとすると、配管が凍結している恐れがあります。

外付けの給湯管につながれた配管はむき出しになっており、常に外気に触れる状態です。地中に埋設された水道管と異なり、凍結しやすい条件がそろっているわけです。「水は出るけどお湯は出ない」といった状況は、給湯器のこうした性格に原因があります。

凍結しやすい点を考え、給湯器の配管にはスポンジ状の防寒材が巻かれていることが一般的です。しかし、防寒材には耐用年数があり、古いものを使い続けるとその機能が失われ、凍結防止に役立たなくなります。また、比較的温暖な地域では最初から防寒材が取り付けられていないところもあります。

防寒材が巻かれていない場合は、ホームセンターなどで購入したものを取り付けることで対応できます。確実なのは、業者に頼んで巻いてもらう方法です。費用はかかりますが、失敗の恐れもなく安心して冬を過ごせるでしょう。

・凍結を防ぐ方法は?
寒波の到来が予想できる場合は、事前に予防対策を講じておくことをおすすめします。

もっとも有効な対策は、「給湯管内の水を動かす」というもの。水が常に流れている状態だと、凍結の心配はありません。そのためには、給湯器のリモコンの電源を「OFF」にし、お風呂のお湯の蛇口を開いて水がチョロチョロ出る状態にします。給湯器内の凍結防止ヒーターを稼働させる必要があるため、リモコンの電源は切ってもコンセントは抜かないようにしてください。


解凍は正しい方法で!

朝方、給湯器の配管がカチコチに凍っていたらどうしましょう? お湯をかける? ドライヤーの熱を当てる? どちらも間違っていませんが、一番無難かつ安心な方法は、「そのまま放置して解凍するまで待つ」です。

凍結が起こるのは、夜の深い時間帯から明け方にかけてです。太陽が昇ると次第に温度が上がり気候も穏やかになっていくため、時間とともに少しずつ溶けていきます。

自然解凍するまで待つ場合、給湯器のリモコンスイッチをOFFにします。リモコンがない場合は、給湯器のガス栓を閉めましょう。コンセントは差し込んだままにしておきます。この状態でしばらく放置すれば、そのうち給湯器も正常に作動するようになるでしょう。

くれぐれも、ライターの火を当てたり、熱湯を注いだりすることがないようにしてください。キンキンに冷えたガラスコップに熱湯を注ぐと割れてしまうように、配管破裂の原因になります。早急に解凍したければ、40~50℃程度のぬるま湯をゆっくり注いでください。その際、運転スイッチを切ってガスの元栓を閉めることも忘れずに。キッチンの給水栓は少し開けた状態にします。お湯は直接かけるのではなく、タオルなどを巻いてからかけると、破裂リスクを軽減できます。


不安であれば水道業者に相談を

水道業者といえば、トイレ・お風呂・キッチン・洗面所といった水回りの故障を早急に修理してくれる水回りのプロ。水道管の凍結防止や応急処置、破裂した水道管の修繕に関しても、彼らは頼もしい存在です。

「給湯器が自然に解凍するまで待っていられない。けれど自分ひとりの力で対処する自信がない」そんなときは、地元の業者を呼んで対応してもらうことをおすすめします。処置を間違えると最悪水道管の破裂を招いてしまいます。そうなると、水道管そのものを交換しなければならず、コストも膨れ上がってしまうでしょう。水回りトラブルに慣れたプロに頼めば、仕損じる恐れもありません。すぐに復旧してキッチンやお風呂のお湯も沸かせるようになります。

凍結が原因で配管に亀裂やヒビが入るケースもあります。配管の破裂でもっとも危惧されるのが、水漏れです。元栓を閉めて、水漏れがないかどうか確認してください。配管を修理しなければ給湯器の使用も困難になるため、なるべく早めに指定業者を呼んで直してもらうことが大切です。指定業者については、静岡県のホームページで確認してください。しずおか水道職人は県指定の業者で、年中無休24時間体制で相談を受け付けています。


まとめ

寒い時期にお湯が使えない状況は困ってしまいますよね。そうならないためにも、事前の凍結防止対策が重要です。むき出しの配管には保温材を巻くなどして外気から守るようにしましょう。あらかじめ保温材が巻かれたタイプの給湯器もありますが、経年劣化が認められる場合は、新品のものに交換するのが最善です。

しずおか水道職人では、水回りの凍結予防、応急処置、修繕に関する相談も受け付けます。富士市などで同様のトラブルに悩まれたら、お気軽にご連絡ください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315