【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの尿石をきれいに落とす掃除方法を4つ紹介

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの尿石をきれいに落とす掃除方法を4つ紹介

2020年02月28日 トイレのトラブル
4
長年使用しているトイレは、しだいに汚れが気になってくるもの。特に、トイレの便器の内部が黄ばんで見える状態になってしまったら、掃除をしてきれいに汚れを落としましょう。ここでは、トイレの汚れ「尿石」を落とす掃除方法をお伝えします。

尿石は、人間の尿に含まれる尿素・タンパク質・リン酸カルシウムなどの成分が固まって生じる汚れです。一般的なトイレ用の洗剤やブラシを使用しても落としにくいため、汚れの成分に着目した掃除をおすすめします。効率良く掃除をするためにお役立てください。

酸性洗剤で落とす方法


まずは、市販されているトイレ用の酸性洗剤を使って、手軽に試せる掃除方法をご紹介します。冒頭でお伝えしたようなトイレの尿石や黄ばみなどは、アルカリ性の汚れです。したがって、これらの汚れは酸性洗剤を使用すると落としやすくなります。

酸性洗剤を使って掃除するときは手袋を装着し、トイレの換気扇を回して洗剤の臭いがこもらないようにしましょう。汚れが気になる部分にトイレットペーパーを被せ、そこへ酸性洗剤を散布します。ガンコな汚れは30分ほど置いてからブラシでこするのがおすすめです。

ただし、トイレの素材によっては酸性洗剤を使用できない場合があるためお気をつけください。たとえば、大理石やタイルなどの素材でできたトイレは、酸性洗剤を使用すると本体が変色したり破損したりするおそれがあります。使用前にトイレの素材を確認しましょう。

また、酸性洗剤は塩素系漂白剤のようなアルカリ性洗剤と使用しないようご注意ください。酸性洗剤とアルカリ性洗剤を混ぜると、有毒ガスが発生して健康被害が生じる危険性があります。酸性洗剤を使用するときは、ほかに使う洗剤にも配慮しておくと安心です。

重曹・クエン酸で落とす方法


ご自宅に重曹とクエン酸があれば、お手製の洗剤でトイレの尿石を落とすことができます。市販の酸性洗剤よりも刺激が弱く、環境にも優しい掃除方法です。また、クエン酸と合わせて重曹を使うことで、より幅広い汚れを落としやすくなるというメリットもあります。

洗剤を作るときは、水(100ml)とクエン酸(小さじ1/2)を混ぜましょう。こちらの洗剤をスプレーボトルに入れ、トイレの尿石が気になる部分にスプレーします。その後、スプレーした部分に重曹をまぶし、30分ほど置いてからブラシでこすってください。

パウダー状の重曹を後からまぶすことで、洗剤が汚れの部分に長く留まり、きれいに落とす効果が期待できます。なお、クエン酸のスプレーに重曹をまぶすと泡が発生します。こちらの泡は二酸化炭素のガスであり、体には無害であるため安心してお使いください。

尿石除去剤で落とす方法


尿石除去剤とは、尿石を落とす目的で使用される強力な洗剤です。使用方法は一般的な酸性洗剤と変わりませんが、より洗浄効果が高いため、取り扱いには注意が必要となります。ご家庭の掃除で使うときは手袋を必ず着用し、可能であればゴーグルなども用意しましょう。

なお、尿石除去剤のなかには一般家庭での購入ができない商品があります。強力である一方で危険性が高く、取り扱いに専門知識が必要であるためです。特にオンラインショッピングでは、正規ルート以外で業務用の尿石除去剤を購入するのは避けましょう。

研磨パッド・サンドペーパーで落とす方法
洗剤でも落とせないトイレの尿石に対しては、トイレ用の研磨パッドやサンドペーパーでこすり、物理的に落とす方法が有効です。ただし、これらの掃除方法ではトイレの表面を削ることになります。どうしても汚れを落とせないときの最終手段としてご検討ください。

まずは、前述のトイレ用の洗剤でお手入れをして、尿石を落としやすい状態に整えましょう。その後、汚れが気になる部分を研磨パッドやサンドペーパーでこすっていきます。便器に傷をつけないように、汚れを軽くこするようにお使いください。

使用後の研磨パッドやサンドペーパーは、トイレに流さずにゴミ箱へ捨てましょう。また、便器の素材によっては、こすることで傷ができるおそれがあります。最初に目立ちにくい場所でテストを行い、問題なく使えることを確認してからお使いいただいたほうが安心です。

まとめ


今回は、トイレの便器内に生じる黄ばみのような汚れ「尿石」の掃除方法をご紹介しました。尿石の掃除では、酸性洗剤・重曹・クエン酸・尿石除去剤などで汚れを落とすほか、研磨パッドやサンドペーパーで削り取る方法があります。素材によっては便器を傷つけるおそれがあるため、ご自宅の設備に合わせてお選びください。

今回ご紹介した掃除方法でも汚れが落とせないときは、専門業者にクリーニングを依頼するという選択肢があります。専門業者は一般家庭では使用できない洗剤や薬剤を使用できるため、自分で掃除するよりも高い効果が期待できるでしょう。掃除の失敗を避けたい場合や、落とせないガンコな汚れがある場合、ぜひしずおか水道職人にご相談ください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315