静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレがつまった!焦らずに、まずは試してみるべきこと

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレがつまった!焦らずに、まずは試してみるべきこと

2021年02月05日 トイレのトラブル
静岡_5

トイレは私たちの生活に欠かせないものだけに、突然のトラブルに見舞われると焦りますよね。でも、まずは落ち着いて。ここでは、トイレの詰まりになる原因や、実際に詰まってしまった際の対処法などを解説します。

1.トイレが詰まってしまう原因は?

まず、『トイレに流してもよいもの』とは、どういったものでしょうか?日本の下水道設備は世界の中でもかなり優秀と言われているため、「結構流れるんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、基本的に『流せるもの』としてあげられるのは、トイレットペーパーのみ。そして、意外にもトイレのつまりの原因として最も多いのは、トイレットペーパーの流しすぎによるものです。

水に溶けるトイレットペーパーでも、流しすぎには注意!

一度に大量に流しすぎてしまうとつまりやすくなるので、量が多い場合は何回かに分けて流す必要があります。また、流れにくい原因は、流す水の量に問題があることも。

一般的な水洗洋式トイレには、水流の強い「大」と水流の弱い「小」という流し方があります。このうち「小」には節水の効果もありますが、場合によっては水圧が足りず、つまりにつながることもあります。トイレットペーパーは水に溶けますが、水量が十分でないと溶けるのに時間がかかり、つまりの原因になってしまうのです。

流せると思ったら…。知らずにつまらせてしまったあれこれ。

これまでに説明したとおり、トイレに流してよいものはトイレットペーパーのみです。当然、それ以外のものを流すとつまりの原因となってしまうのですが、『流せるだろう』と思ってつまらせてしまうものとしては以下のことが考えられます。

・トイレットペーパーが切れたのでティッシュペーパーを使い、そのまま流して詰まった
・流せるタイプのトイレ用掃除シートをまとめて流して、詰まった
・赤ちゃんのおしりふきを流して詰まった
・ペットのトイレ砂を流して詰まった
・飲みすぎて嘔吐した際、吐しゃ物で詰まった
・食べ残しを流して詰まった

これらは一見問題がなさそうに見えますが、ティッシュや掃除用シートはトイレットペーパーに比べると水に溶けにくく、流れにくいものであると言えます。

また、水を吸収しやすいペット用のトイレ砂は排水路に付着しやすく、吐しゃ物や食べ残しは油分を多く含んでいるため、水の流れを悪くしてしまうのです。

誤って異物を流してしまった

ポケットの中のものがうっかり便器に落ちてしまったり、高齢者や小さな子どもがつまらせてしまうものでは、以下のことが考えられます。

・誤ってスマホを落としてしまった
・認知症の高齢者がおむつを流して詰まってしまった
・生理用ナプキンの使い勝手がよく分からず流してしまった
・ポケットに入れていたハンカチやライターを落としてしまった
・子どもがおもちゃを便器に入れてしまった

異物を流してしまうのは絶対にダメですので、流す前であれば、落としたものをトングなどを使って拾ってください。
もし、これらの異物を流して詰まってしまった場合は、こちらで紹介する対処法をお試しください。

2.実際に詰まってしまった場合の対処法

詰まって水があふれたり、流れなくなってしまった場合、家庭でできる対処としては以下の5つがあげられます。

ラバーカップを使う
一般的によく「すっぽん」と呼ばれる「ラバーカップ」は、手軽にトイレのつまりを改善できて便利です。
まず便器の中の水を少し減らし、排水路にカップを押し付けてから、少し力を入れて引き上げます。つまりが取れるまで、これを何度か繰り返しましょう。

ぬるま湯を流す
トイレットペーパーなどの紙類が詰まってしまった場合には、トイレにぬるま湯を流すことで改善できることがあります。
ただし、温度が高すぎると便器が割れてしまうおそれがあるので注意して行いましょう。
しばらく時間を置くとぬるま湯を使わなくても自然と溶けることもありますが、ぬるま湯を使うと溶けが早くなります。

ワイヤーブラシを使う
ワイヤーブラシとは、細長いワイヤーの先にブラシがついている道具です。
ワイヤーを便器に差し込み、先端で排水路につまった異物を細かくします。扱いに慣れていないとやや難しい方法であるため、慣れていない方はまずラバーカップから試してみるのがおすすめです。

バケツや大き目のペットボトルで水を流す
バケツなどの容器に大量に水を汲み、勢いよく流すイメージで便器に水を一気に流す方法です。
あふれてしまいそうなほどトイレの水位が上がっている場合は、便器の水を汲み取って減らしておくと良いでしょう。また、水が飛び散る恐れがあるため、周りに新聞紙などを敷いておきましょう。

パイプクリーナーを使う
トイレのつまり改善のための道具として、パイプクリーナーというものもあります。
ラバーカップと役割は似ていますが、こちらは付属のポンプで吸引力を高めるため、スマホやおもちゃなど、硬いものを取り除く場合に適しています。

今回は、トイレがつまる原因や対処法を紹介しました。
生活に欠かせないものだからこそ、普段から流す量などに注意し、快適に使いたいですね。実際にトイレが詰まってあふれてしまった場合など、今回紹介した方法を試してみても改善しない場合は、無理せず専門家に相談しましょう。

しずおか水道職人は、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市など静岡県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりなど、水回りのことでお困りの際には、ぜひお気軽にしずおか水道職人にお問い合わせください。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315