【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » お風呂の排水口の流れが悪いと感じたらどうするべき?原因と解決方法

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の排水口の流れが悪いと感じたらどうするべき?原因と解決方法

2021年12月13日 お風呂のつまり


毎日お風呂を使っていると、排水口のつまりが気になることもあるかと思います。お風呂は体をきれいす分、汚れが溜まりやすく、それによってつまりも発生しやすい環境です。掃除するのは面倒ですが、つまりを放置すると、だんだんぬめりも発生してしまい、悪循環です。

そのため、つまりに気づいたら早急に掃除することが大切です。本記事では排水口の流れが悪くなる原因と掃除方法、つまりの予防法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

お風呂の排水口の流れが悪い時に考えられる原因


排水口で発生するつまりの原因は大きく「固形物の汚れ」「屋外にある排水桝」の2つに分けることができます。

固形物の汚れ
お風呂を使用するとその度に髪の毛や垢、石鹸カスなどの汚れが排水口やその周りに水と共に流れ、溜まっていきます。そしてさらに雑菌によるぬめりが発生します。

そのぬめりに汚れが蓄積され、つまりが発生してしまいます。掃除しても水の流れが変わらない場合は、その先にある排水管がつまっている恐れがあります。

屋外にある排水桝
固形物の汚れを取り除いてもつまりが改善されない場合、排水桝がつまっている可能性があります。戸建て住宅には屋外に設置されている排水桝というものがあります。

排水桝はいくつかのの場所から集まった水が合流する部分もしくは家から流された水が外に出る部分に備えつけられています。排水桝がつまっている場合は自分での改善は難しいため、専門業者に依頼しましょう。

つまりの原因の突き止め方
どこがつまりの原因になっているのか、見極める流れは次の通りです。

まず浴槽と洗い場それぞれの排水口で水を流します。流れが悪いことを確認したら、目皿やヘアキャッチャーなど排水トラップを外し、水の流れを確認しましょう。汚れや遺物、固形物を取り除いて様子を見ます。

目に見える範囲の汚れ、固形物を除去したにもかかわらず水の流れが改善しない場合は排水管がつまっている可能性が高いです。そのような時は自分でなんとかしようとせず、専門業者に依頼しましょう。

お風呂の排水口つまりの解決方法


排水口につまりが発生したら、汚れや固形物を取り除くなど清掃がとても大切です。清掃をする際はゴム手袋や使わなくなった歯ブラシなどを活用しましょう。「洗い場」と「浴槽」に分けてつまりの改善方法を紹介します。

洗い場の排水口のつまり
洗い場の排水口つまりを掃除する主な方法は6つあります。

・パイプクリーナーを使う
髪の毛などの汚れがつまっているときはパイプクリーナーを使用しましょう。まず目皿とヘアキャッチャー、排水トラップを全て外してください。そして排水管の内側にパイプクリーナーを流し入れます。30分ほど置き、水を流します。

・重曹とお酢を使う
重曹とお酢は家庭にある方が多いのではないでしょうか。重曹とお酢は皮脂や垢、石鹸カスに強くておすすめです。

まず重曹1カップを用意し、排水口全体にふりかけます。そしてその上からお酢を2カップかけます。重曹とお酢が作用して発砲してくるので1時間ほど置き、洗い流します。重曹とお酢は人体に害のない成分なので、もっとも安全な方法のひとつです。

・ラバーカップを使う
本来ラバーカップはトイレのつまりを改善するためのアイテムです。それをお風呂に応用することもできます。まずラバーカップと排水口に隙間ができないように当てます。ラバーカップを強く押し、圧をかけて一気に引きます。つまりがなくなるまで繰り返します。

・真空式パイプクリーナーの使用
真空式パイプクリーナーの仕組みと手順はラバーカップと同じです。ただ、真空式パイプクリーナーのほうが吸引力は強く、効果的です。

・ワイヤーブラシを使う
聞きなれないかもしれませんが、ワイヤーブラシとは3~5cmのワイヤーの先にブラシが付いているアイテムです。細いワイヤーで狭いところや細かいところまで手が届きやすくなります。

まず、排水管にワイヤーブラシを入れてつまりの部分に当てます。細かく動かし、つまりの原因を削ぎ落します。水を流してつまりの解消を確認します。

・ワイヤーハンガーを使う
いらなくなったワイヤーハンガーを使用します。ハンガーをまっすぐな状態にし、排水口に入れます。つまりの原因に当てて動かしながら削ります。

もし、これらの方法を試しても解消しない場合は、迷わず専門業者に依頼しましょう。

浴槽の排水口つまり
次に「浴槽」の排水口つまりの解消法について解説します。浴槽の排水口はゴム栓排水栓とワンプッシュ排水栓の2種類があります。いずれも水栓を定期的に掃除することが大切です。

「ゴム栓排水栓」はゴム栓を外し、フィルター内のゴミを取り除きましょう。ゴム栓のすり減りやチェーンの劣化にも注意を払い、古くなったら交換してください。

今主流の「ワンプッシュ排水栓」は真上に持ち上げて取り外し、掃除しましょう。水栓のぬめりも歯ブラシなどで簡単に取り除けます。

お風呂の排水口つまりを予防する方法


排水口がつまってしまった際の対処法も大切ですが、何よりも予防できるのが一番ですよね。つまりを起こさないためには、正しいこまめなメンテナンスや清掃が大切です。

ここからは、排水口つまり予防策を5つ紹介します。

・つまる前にパイプクリーナーを使用する
パイプクリーナーはつまり発生時以外でも普段の掃除から使えます。つまりが発生する前に、つまりの原因となる汚れをパイプクリーナーで溶かしておけば蓄積する心配がなくなります。

・ゴミ取りシートを使う
毎日お風呂を使用しているとゴミや汚れが溜まるスピードも速いです。ゴミ取りシートを使用すれば、目皿の上ではなくシート上にゴミが溜まります。ゴミが溜まればシートを交換するだけなので掃除する時間も短縮できます。

・ヘアキャッチャーの交換
備え付けのものではなくても100均やホームセンターで手に入るヘアキャッチャーをストックしておけばこまめに交換ができます。ゴミ捨てや掃除が楽になるのでおすすめです。

・ヘアキャッチャーにネットを付ける
既存のヘアキャッチャーにネットをかぶせると、ゴミはネットに溜まります。ネットを交換するだけでゴミが除去でき、キャッチャーを掃除する手間が省けます。

・高圧洗浄をする
高圧洗浄機を購入する必要があるため、少々コストがかかってしまう方法ではあります。しかし、すでに持っているのであれば定期的に排水口を洗浄することでつまりを予防できます。

まとめ


排水口の掃除は放置しているとつまりに発展したり、ぬめりが発生したりと大変です。つまりが発生した場合は正しい清掃法で解消ができますが、放置しすぎるとつまりが排水管の奥まで達してしまいます。

深刻な事態になる前に、ぜひ今回紹介した掃除方法や、つまり予防策を試してみてください。ただ、自分の力ではどうしてもつまりが解消できない場合は、早めに専門の業者に依頼することをおすすめします。

お風呂場は体をきれいにする場なので、快適で衛生的な空間を目指したいですね。

静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315