【水道局指定工事店】静岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » トイレの便器につまりが発生したときの対処方法と注意点について

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの便器につまりが発生したときの対処方法と注意点について

2021年03月29日 トイレのつまり


トイレの便器がつまったら冷静な対処が必要

トイレの便器がつまってしまうと、水位が上がって溢れてしまい、どのように対応したらいいかわからないという方も多いでしょう。

急につまっても慌てずに解決するには、対処方法を知っておくことが大切です。
そこで今回は、トイレの便器がつまってしまったときの対処方法や日頃から気を付けておきたい注意点をご紹介します。


トイレの便器につまりが発生する原因

便器がつまりやすい原因は、排水口の形状が要因になっていることがほとんどです。
トイレの排水口は、奥からの臭いが流れてこないように湾曲した形をしており、あえて常に水がたまるような仕掛けになっています。
特に排水口のカーブしている部分がつまりやすいので、一度に大量の物を流せません。

たとえば、一度にまとまった量のトイレットペーパーを流したり誤って異物を落としたりすると、排水口の通り道が塞がれてしまい、結果的に便器のつまりが発生します。
水に溶けずに残ってしまった汚れが毎日少しずつ蓄積され、排水口の通り道を狭くしている可能性も考えられます。
また、タンク内の部品に異常があると水流の勢いが足りず、結果的につまってしまうこともあるので注意が必要です。


トイレットペーパーがつまったときの対処方法

トイレットペーパーが原因で発生したつまりを改善させるには、水流を作り出すのがポイントです。

・ラバーカップを使用する
まずは定番アイテムのラバーカップを試してみましょう。
ラバーカップは便器内の水位が高いまま使用すると効果が半減するので、水を少しだけ減らして行うのがポイントです。


・勢いよく水を流す
バケツなどを使って水を便器内に勢いよく流す方法もおすすめです。
お湯を使うとさらに溶けやすくなりますが、熱過ぎるお湯はやけどや便器の素材によっては破損につながります。
40~50℃前後の熱過ぎない温度のお湯を用意しましょう。
また、便器から少し離した高さから水を流すと勢いがつきやすいので、ぜひ試してみてください。


・ワイヤーブラシを使用する
ワイヤーブラシは長い柄とブラシ部分が変形しやすく、見えない便器の奥のつまりを解消するのに役立ちます。
ワイヤーブラシがなければ、針金ハンガーなど長くて細い形状のものを小刻みに出し入れしても良いでしょう。


異物を便器内に落としたときの対処方法

異物を便器のなかに落としてしまった場合は取り出すしかありません。
まずはビニール手袋を使用して、自力で取り出せる範囲なのかを確認しましょう。
もし自力で取り出せないほど奥につまってしまっている場合は、さらに大きなトラブルにしないためにも水道修理業者に相談することをおすすめします。


つまりトラブルを起こさないために気を付けること

便器をつまらせないためには、日頃からトイレの使い方に気を付けることも大切です。
たとえば、大量のトイレットペーパーを使用するときは数回に分けて流し、汚れが蓄積して排水口を狭くしないように小まめに掃除をしましょう。
また、子どもがいる家庭はおもちゃをトイレに持ち込まないように気を付け、ポケットに物を入れたままにしないことも万が一のトラブルを防ぐ方法です。

・つまりが起こる兆候を見逃さない
つまる前に兆候を発見できれば、大きなトラブルを未然に防げます。
便器がつまる場合、以下のような兆候が見られることがあります。

1.水を流したあとに、ゴポゴポとした異音が聞こえる
2.水を流して時間がたっても水位が低くならない
3.水を流すときの水量が少ない

異音が聞こえたり、水を流して時間が経過しても水位が高いままの場合、排水口がつまりかけている可能性があります。
また、水を流すときの水量が少なく勢いがない場合は、タンク内に異常が発生しているかもしれません。
異変に気付いたら放置せず、自力で行える対処方法はあるのかどうかを水道修理業者に相談してみましょう。


・便器にはこんなものがつまりやすい
トイレットペーパーや便以外にも、子どものおもちゃやメガネ、携帯電話、アクセサリー、ペンなどの固形物をつまらせてしまうケースが多いようです。
また、ペットの糞やトイレの砂、おむつなどの水を吸収して膨張するものも流さないように注意しましょう。


便器のつまりを自力で対処するときの注意点

作業中は周りに水が飛び散ってしまうことがよくあります。
床や壁を汚したくない方は、タオルや新聞紙を事前に敷いておくのがおすすめです。
また、便器はどうしても衛生面が気になるスペースなので、ゴム手袋やビニール袋などを装着して手を汚さないようにしましょう。

トイレの便器につまりが発生したらしずおか水道職人へお電話ください。
しずおか水道職人は静岡市、浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市など静岡県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にしずおか水道職人にお問い合わせください。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315