【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » キッチンの排水管つまりの効果的な解消方法とは?

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの排水管つまりの効果的な解消方法とは?

2022年06月28日 キッチン

水まわりの排水口、つまりの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。こまめな掃除を心がけていても、「何だか流れが悪いような…。」と毎日気持ちが沈んではいませんか?


大きなトラブルになっていなくても、異変は見逃さず対処する必要があります。いつもと違った方法で掃除をしてみるのもよいでしょう。スッキリできる解消法が見つかるかもしれません。


それでも自分で解消できないときは、専門業者を頼ることも大切です。


キッチンの排水口に多いつまりの原因


キッチンの排水口もつまりの発生しやすい場所のひとつです。さまざまなゴミが流れ出てしまうキッチンの排水口ですが、つまりの原因について詳しく見てみましょう。


つまりの原因
キッチンのつまりの大きな原因は油です。粘度の高い油は排水管に流れてからも、流れ切れずに排水管に留まってしまいます。そして時間とともにどんどん蓄積していきます。


キッチンの排水口からは食べカスや洗剤の溶け残りなど、多くの汚れやゴミが流れ出ます。排水管に残った油が、これらの汚れを付着して塊となり、つまりの原因となっていきます。


つまりの原因となる油や食べカスなどが、できるだけ排水口から流れださないようにすることが大切です。お皿やフライパンに残った油汚れはそのまま洗わずに、まずはキッチンペーパーで汚れを拭き取るようにしましょう。


これだけでも流れ出る油を少量に抑えることができます。
またゴミ受けに溜まったゴミも毎回取り除くようにしてください。そのままにしていると、雑菌が繁殖し、ヌメリとなってつまりの原因となります。


解消法
軽度のつまりであれば、まずは排水管にお湯を流してみましょう。油汚れを浮かせることができるので、何回か繰り返せば解消できる可能性があります。またシンクにお湯を溜めて、一気に流すことでつまりを押し流す方法も効果的です。


日頃の習慣として、シンクを使い終わったあとに45℃程度のお湯を流す、定期的にパイプクリーナーで掃除をする、などを加えるとつまり防止に役立ちます。


シンクから流すお湯は熱すぎると排水パイプを傷める可能性があるので、50℃以上のお湯は流さないように注意してください。


洗面台・風呂の排水口に多いつまりの原因


洗面台やお風呂も少し掃除を怠れば、たちまちつまりが発生します。
一番の原因は共通しています。


つまりの原因
最も多い原因は共通して髪の毛です。お風呂では髪の毛を洗うため、どうしても排水口に溜まりがちです。


ほとんどの家庭では、排水口にヘアキャッチャーが設置されていることと思います。万が一設置されてなければ、早急に対処法を考えましょう。直接流れてしまっていると、絡まってつまりを起こしてしまいます。


お風呂の場合は、さらに皮脂汚れや石鹸カスが多く、髪の毛と絡み合って塊となります。放置しているとヘドロのようなヌメリとなって、つまりを引き起こします。ヌメリは悪臭の元にもなるので、早急に取り除く必要があります。


そのほかの原因として、ボトルキャップや小さい異物を落としてしまうこともあげられます。


解消法
ワイヤーブラシなどを使って直接髪の毛などのつまりの原因を掻き出す方法があります。
ワイヤーブラシなどを入れられないような場合は、液体パイプクリーナーを利用しましょう。


髪の毛などを溶かしてつまりを解消できるので、大変便利です。また重曹とクエン酸やお酢を使った掃除法も効果的です。消臭効果も期待できるでしょう。


洗面台の場合は、排水管が取り外せるならば、取りはずして洗浄するとスッキリします。異物を落とした場合にも、放置せず排水管を取り外して取り出すようにしましょう。


洗濯機の排水管つまりの原因


洗濯機の排水口や排水管の掃除は後まわし、と考える方も多いのではないでしょうか?洗濯槽の中は気にしても、排水口や排水管は比較的汚れが溜まりがちです。またつまりはパイプや排水ホースで起きる場合も多いでしょう。


つまりの原因
つまりの原因として多いものは、糸くずなどの繊維です。そのほかには髪の毛やペットの毛なども多く見られます。汚れた衣類を洗濯するため皮脂汚れや石鹸カス、洗濯槽内のカビなども多く、つまりの原因となります。


またお風呂の残り湯で洗濯をしている場合は、残り湯の中にある皮脂汚れや髪の毛が混ざってしまうことも原因です。節水としてはよいのですが、汚れが含まれた水と考えるとおすすめはできません。


これらのゴミや汚れが絡まりあって、少しずつ蓄積されていきます。そのまま取り除かれないと、ヘドロのようなヌメリとなりつまりの元となります。また悪臭も発生させる原因となるので、汚れを放置しないよう注意しましょう。


洗濯機の場合、つまりが起きる場所としてはパイプや排水ホースに注意が必要です。つまりを放置していると排水ホースが外れて水漏れが起きる場合があります。


解消法
排水ホースを外すことが可能であれば、外してホースの中の汚れやゴミを洗い流します。排水口や排水管も合わせて掃除をしましょう。取りはずせる部品は取り外して、洗剤とスポンジできれいに洗うとすっきりします。


日頃のお手入れとして、洗濯槽内または本体の下部にあるフィルターをきれいに保っておくことが重要なポイントです。こまめに洗っておくことで、排水ホースや洗濯機本体のつまりを予防することにもなります。


トイレの排水管つまり原因


トイレの排水管がつまると、生活する上で非常に困ります。


トイレでつまりが起きた時の解消法はぜひとも覚えておきたいことのひとつです。慌てず対処できるようにしておきましょう。


つまりの原因
トイレもつまりの起きやすい場所のひとつです。つまりの最も多い原因は、大量のトイレットペーパーによるものです。溶けないまま排水管を塞いでしまうことによって、つまりが発生します。


排水管を塞いでしまうつまりの原因は、ほかにも便や吐瀉物、スマホやおもちゃなど異物の落下などがあげられます。


またティッシュペーパーやお掃除シートなど、本来溶けない紙類を流してしまうことも多く見られる原因です。


ティッシュペーパーはトイレットペーパーとさほど変わらないと思っている方もいますが、ティッシュペーパーは水に溶けるようには作られていません。気をつけましょう。


解消法
つまりの状況を確認しましょう。水が溜まっても徐々に引いていくならば、まずはお湯を流して様子を見ます。使用するお湯は50℃前後にしてください。陶器が割れることを防ぐためです。


その後、重曹を使うとつまりが崩れやすくなります。崩しやすくなったところで、ラバーカップでつまりを解消します。重曹の効果があれば、スムーズに解消できることでしょう。


注意点として、異物を落下させてしまった場合はさらに奥へ入ってしまうような対処は厳禁です。拾えない状況であれば、業者に依頼してみましょう。奥に入り込んでしまうと、取り除くために大がかりな修理となってしまう場合があります。事態を悪化させず、業者に連絡をしてください。


まとめ


水まわりで起きるつまりは、どんなものであっても慌ててしまいます。万が一つまりが発生した場合は、まずは自分でできる対処をしてみましょう。間違った対処は事態を悪化させてしまうので、正しい知識を身につけることが大切です。


また異変を見逃さないようにすることが、被害を抑えることにもなります。そのためにもこまめな掃除を心がけることが必要です。何気ない日頃のチェックが重要となります。


自分で解消できないつまりの場合は、速やかに業者に依頼しましょう。確実な作業で解消してくれます。
生活に必要不可欠な水まわりを安心で安全な状態に保つことは、暮らしを守ることに繋がります。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315