【水道局指定工事店】静岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「しずおか水道職人」 » 風呂釜交換のメリットは?交換時期や費用についても解説

静岡 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

風呂釜交換のメリットは?交換時期や費用についても解説

2022年07月29日 お風呂

風呂釜は内部設備の劣化により、突如お湯が出なくなるということも起こり得ます。


お湯が出なくなれば、冷たい水を使って入浴することとなってしまいます。とくに冬場には、お湯が使えなければ入浴自体が難しくなります。


しかし、具体的にいつ交換したらいいのか、どれくらいの費用がかかるのかわからない人も多いでしょう。


この記事では風呂釜交換の適切なタイミングと費用について、詳しくご紹介します。


風呂釜を交換するタイミングは?


風呂釜の使用可能年数はおおよそ10年から15年といわれており、その寿命は使う頻度や使用状況によって変動します。製品メーカーは、使用可能期間での不具合に対処するため、交換パーツは同機種の製造終了から10年間は供給しています。


つまり、10年以上使用し続けた風呂釜が故障したときは、交換パーツが入手できないことがあるということです。一般的に製品メーカーの保証期間は1〜2年程度ですが、有料保証で3年・5年・10年まで延長可能なサービスを提供している製品メーカーや販売店もあります。


突然、お湯が出なくなるといったトラブルが発生したとき、保証期間内であれば購入した販売店に問い合わせして修理をしてもらいましょう。寿命を迎えた風呂釜の不具合だと、修理するためのパーツがないことも考えられるので、買い替えのタイミングといえます。


風呂釜を交換するメリット


風呂釜の故障は、お風呂をより使いやすくするための機会ともいえます。


風呂釜機能をグレードアップさせたものに交換すれば、より快適に使えるようになるでしょう。たとえばバランスタイプ風呂釜(屋内用)からホールインワンタイプ(屋外)へ交換すると、お風呂場で風呂釜が入っていた場所に空間が生まれ、余裕ができます。浴槽を広くとれるようになるので、たっぷりお湯を使用することも可能となるでしょう。


風呂釜の種類ごとの特徴を解説


風呂釜にはいくつかの種類がありますが、燃焼に使用するための空気を取り込む場所や排気の仕方によって、以下5種類に分けられます。


BFタイプ
BFタイプはバランスタイプ風呂釜といわれ、屋外の空気を使用して燃焼を起こします。使った空気も屋外に排気するので、一酸化炭素中毒や空気汚染などの危険はほぼありません。


また、電力がいらないので、停電時も利用可能です。設置場所は浴槽の横となります。


FFタイプ
FFタイプは送風機を活用する風呂釜です。空気の出し入れはBF式と同様に屋外なので、セキュリティの面でも安心して使えるでしょう。


本体は屋内側に置きますが、排気筒が短く屋外に突出している構造となります。


RFタイプ
RFタイプの風呂釜は屋外に置くので、お風呂場内で場所を取りません。


空気の出し入れは排気筒を使わず、外の本体からそのまま行います。


FE タイプ・ CF タイプ
FEタイプとCFタイプは、 空気を屋内から取り込み燃焼させる風呂釜です。両者ともに屋外に配置します。2つの違いは送風機があるかないかです。


CFタイプには送風機がないので、風の影響を受けやすく、排気が逆流するリスクも。そのため、現在は使用禁止されています。


風呂釜の交換費用と期間はどのくらい?


ここからは風呂釜の交換費用と期間について説明していきます。


交換費用
風呂釜の交換費用はおおよそ10万円から20万円が相場です。この金額は本体価格に工事費用をプラスしているので、実は依頼をする業者によって費用が変動します。


よく探せば相場より低価格な専門業者も見つかるでしょう。 しかしながら安心して使用するためには、安かろう悪かろうというわけにもいきません。 信頼できる業者をしっかりと見極めることが大事です。費用に見合う誠実な対応をしてくれる専門業者を選びましょう。


期間
風呂釜の交換のみであれば1、2週間ほどで作業が完了します。風呂釜の交換と合わせて浴槽やお風呂場内も工事する場合、より大がかりになるので、プラスで日数が必要になってくるでしょう。


ちなみに、風呂釜工事の期間中はお風呂場が使えなくなるので、お風呂場を使うタイミングを避けて工事期間を設けましょう。


風呂釜交換のポイント


風呂釜の工事には資格が必要となり、資格なしでの交換作業は違法になります。
そのため、自分で作業することはできません。


また、万が一ガス漏れを発生させてしまうと、最悪の場合には爆発事故を起こす恐れもあります。
風呂釜の交換は必ず専門業者に依頼しましょう。


信頼できる業者を選ぶ
風呂釜の本体は製品メーカーの工業生産品のためクオリティは確実です。 ただし施工は業者によって作業品質に違いがあります。


風呂釜は10年近く毎日使うものですから、安心して使い続けるためにも信頼できる業者への依頼が重要です。交換工事にすぐに対応してくれる、受付から対応までのスピードが速いところであればさらによいでしょう。


また、工事に対する保証内容とアフターフォローが充実しているかどうかも確認してください。メーカー保証のほかに、修理に対しての保証が用意されているところを選ぶとよいでしょう。


風呂釜を購入する時、相見積もりをすることはとても重要です。本体価格はウェブで相場を調べることができますが、工事の費用については、工事段階で請求される劣化した配管パーツの交換コストなどの別途費用もあります。 そのため、Web検索だけでは適正価格かどうか判断しにくいでしょう。


近所のガス器具販売店やリフォーム会社など、いくつかの業者に風呂釜交換の相見積りを作成してもらい、比較検討することで工事費用全体の相場が見えてきます。


まとめ


今回は、風呂釜交換のメリット。交換時期や費用についても解説してきました。風呂釜は一旦使い始めたら10年は使い続けるものです。風呂釜交換のタイミングは、お風呂場を安全・快適にするいい機会といえます。


大事に使い続けるために、信頼できるプロの業者に依頼することが大切です。よく比較検討して、適切な業者を選びましょう。


静岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「しずおか水道職人(静岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315

しずおか水道職人(静岡水道職人) 0120-492-315